鍵 作品情報

かぎ

倒錯した寝取られ願望を描く

鍵のイメージ画像1

中年の大学教授である神田は、年の離れた妻の郁子を性的に満足させられないことに悩んでいた。ある日、義妹の敏子に紹介した自身の教え子で大学院生の木村に対して郁子が色目を使う姿を目の当たりにし、かつてない性的興奮を覚える。そんな興奮を自身の精力剤代わりに活用しようとあの手この手で“妻”と“教え子”が接近する状況を仕掛けていく。そして興奮レベルを更新しないと満足できなくなった神田の行動はアブノーマルにエスカレートしていく。

「鍵」の解説

文豪・谷崎潤一郎の名作を現代版にアレンジして映画化。主人公の神田役を『ぼっちゃん』の水澤紳吾、神田の妻・郁子役を『風に濡れた女』の桝田幸希が演じる。監督は、故石井輝男に師事し、ショートフィルム『痣』がカンヌ国際映画祭「SHORT FILMS FROM JAPAN 2018」で上映、「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」ジャパン部門、ベストアクトレス賞を受賞するなど国内外で高い評価を得ている井上博貴。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年6月25日
キャスト 監督・脚本井上博貴
原案谷崎潤一郎
出演水澤紳吾 桝田幸希 水石亜飛夢 秋谷百音
配給 BBB
制作国 日本(2022)
公式サイト https://bungou-ntr.com/kagi.html

(C)2022BBB

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「鍵」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-01 11:51:13

広告を非表示にするには