哭悲/THE SADNESS 作品情報

こくひざさっどねす

ウイルスが突然変異!街は暴力と恐怖で溢れかえる

哭悲/THE SADNESSのイメージ画像1
哭悲/THE SADNESSのイメージ画像2

謎の感染症に長い間対処し続けてきた台湾。専門家たちに“アルヴィン”と名付けられたそのウイルスは、風邪のような軽微な症状しか伴わず、不自由な生活に不満を持つ人々の警戒はいつしか解けてしまっていた。ある日、ウイルスが突然変異し、人の脳に作用して凶暴性を助長する疫病が発生。感染者たちは罪悪感に涙を流しながらも、衝動を抑えられず思いつく限りの残虐な行為を行うようになり、街は殺人と拷問で溢れかえってしまう。そんな暴力に支配された世界で離ればなれとなり、生きて再会を果たそうとする男女の姿があった。感染者の殺意から辛うじて逃れ、数少ない生き残りと病院に立て籠るカイティン。彼女からの連絡を受け取ったジュンジョーは、独りで狂気の街を彷徨い始める。

「哭悲/THE SADNESS」の解説

感染者の凶暴性を助長する謎のウイルスにより、暴力で溢れかえる台湾を描いたホラー映画。監督は、本作が長編初監督となるロブ・ジャバズ。徹底されたゴア描写とスリル満点のストーリーテリングが話題を呼び、シッチェス・カタロニア国際映画祭のMidnight X-Treme部門に正式出品されたほか、ファンタジア国際映画祭では初監督作品を対象とするNew Flesh Award for Best First Feature部門で最優秀映画賞を受賞するなど、各国の映画祭を席巻した。(作品資料より)

哭悲/THE SADNESSのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年7月1日
キャスト 監督・脚本・編集ロブ・ジャバズ
出演レジーナ・レイ ベラント・チュウ ジョニー・ワン アップル・チェン ラン・ウエイホア
配給 クロックワークス
制作国 台湾(2021)
年齢制限 R-18
上映時間 100分
公式サイト https://klockworx-v.com/sadness/

(C)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「哭悲/THE SADNESS」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-02 00:01:02

広告を非表示にするには