エコー・イン・ザ・キャニオン 作品情報

えこーいんざきゃにおん

60年代のLAロックの名曲誕生秘話が明かされる

エコー・イン・ザ・キャニオンのイメージ画像1
エコー・イン・ザ・キャニオンのイメージ画像2

1960年代のロサンゼルス。ザ・ビーチ・ボーイズが登場し、続いてザ・バーズ、ママス&パパス、そしてバッファロー・スプリングフィールドがカリフォルニア・サウンドを作り出していった時代。そんな彼らが住んでいたのが、ロサンゼルス郊外のローレル・キャニオンだった。当時のムーブメントの立役者たちへのインタビューと、それを継承しリスペクトする若手アーティストたちのライブを交互に見せる音楽ドキュメンタリー。

「エコー・イン・ザ・キャニオン」の解説

『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』という音楽ドキュメンタリーが公開されたばかりだが、もう1本の“ローレル・キャニオン”ともいうべき作品が本作だ。1960年代、LAのハリウッドにも近いローレル・キャニオンに若いミュージシャンやアーティストが住み着き、彼らによりLAのロックムーブメントが主導されていった。本作はそんな動きや名曲の裏側を、本人たちや当時を知るミュージシャンたちへのインタビューで明らかにしていく。案内役となるのはボブ・ディランの息子のジェイコブ・ディラン。本作ではベックやノラ・ジョーンズと共に、当時の名曲をカバーするレコーディング風景や、2015年のホール公演の演奏も見せてくれる。

エコー・イン・ザ・キャニオンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年5月27日
キャスト 監督アンドリュー・スレイター
出演トム・ペティ ブライアン・ウィルソン リンゴ・スター エリック・クラプトン スティーヴン・スティルス デヴィッド・クロスビー グラハム・ナッシュ
配給 アンプラグド
制作国 アメリカ(2018)
上映時間 83分
公式サイト http://unpfilm.com/eic/

(C)2019 Echo In The Canyon LLC ALL. RIGHTS RESERVED.

動画配信で映画を観よう!

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

最終更新日:2022-07-03 00:01:01

広告を非表示にするには