ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。 作品情報

ちょっときたちょうせんまでいってくるけん

北朝鮮と日本、生き別れの姉を訪ねて……

熊本県で訪問介護の仕事をしている林恵子・67歳。彼女には、家族や親しい友人にも語ってこなかった秘密がある。20歳上の姉、愛子が北朝鮮にいるのだ。愛子は1960年、在日朝鮮人の夫に従って北朝鮮に渡った。その後、手紙で知らされる姉の変貌ぶりに恵子は落胆し、絶縁する。日朝関係は悪化し、音信不通の状態になったまま58年が経ったとき、姉の消息が知らされる。姉への思いが甦った恵子は、子どもたちの反対を押し切り、訪朝を決意する。

「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」の解説

1959年から1984年にかけて行われた、在日朝鮮人とその家族による北朝鮮への集団的な移住。日朝両政府のそれぞれの思惑から始められ、メディアも北朝鮮を「地上の楽園」と持ち上げた。送り出された「帰国者」の中には日本人の妻、約1800人が含まれていた――。本作は、そんな「帰国事業」により長年会うことができなかった姉妹の姿を追ったドキュメンタリーだ。林恵子さんが誰にも相談できず、身内の恥として隠され続けてきた家族の歴史は、日朝政府間の対立のなか拉致問題の影で日本政府が放置してきた大きな問題だ。この勇気あるドキュメンタリーを刮目して観たい。監督・プロデューサー・撮影は、TVのドキュメンタリー作品を数多く手掛ける島田陽磨。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年8月28日
キャスト 監督島田陽磨
出演中本愛子 林恵子
配給 日本電波ニュース社
制作国 日本(2021)
上映時間 115分
公式サイト http://chottokitachosen.ndn-news.co.jp/

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-10-19 00:01:01

広告を非表示にするには