サイコ・ゴアマン 作品情報

さいこごあまん

宇宙を滅ぼす怪人を操れるのはひとりの少女!

サイコ・ゴアマンのイメージ画像1
サイコ・ゴアマンのイメージ画像2

ある日少女ミミは、自宅の庭の地下に封印されていた銀河の破壊者である残虐宇宙人の封印を解いてしまう。しかしミミはその力の元である宝石を手にしていたため、残虐宇宙人はその命令に服従しなければならなかった。かくして暗黒の覇者はミミにより「サイコ・ゴアマン」と名付けられ、その遊び相手をつとめさせられることに。一方、銀河の宇宙人たちはサイコ・ゴアマンの復活を察知し、彼を抹殺することにする。

「サイコ・ゴアマン」の解説

「あなたの名前はサイコ・ゴアマンPsycho Goreman。PGよ!」。かなり変わった8歳の少女ミミに、勝手に名前をつけられた残虐宇宙人。しかし銀河の星々を破壊した彼でも宝石の力に逆らうことはできず、子供の気まぐれに付き合うことになってしまう。その一方では、人の頭をもぎ取ったりの残虐行為は相変わらずする。そのスプラッター描写のおかげで、本作は日本ではめでたく“PG”-12指定になった。日本のスーパー戦隊のアメリカ版である「パワーレンジャー」が好きという監督による本作は、東映の“戦隊シリーズイズム”が継承され、着ぐるみによる怪人たちの戦い、CGによらない手作り特撮、そして全宇宙的な戦いなのに登場人物は僅かという低予算マインドを貫いている。これは80年代にレンタルビデオ店が登場したとき、棚に並んでいた低予算のジャンル映画のテイストの復活だ。今の大作映画に慣れた目にはチープに見えるが、映画作りの楽しさも伝わってくる作品だ。

サイコ・ゴアマンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年7月30日
キャスト 監督・脚本スティーヴン・コスタンスキ
出演ニタ=ジョゼ・ハンナ オーウェン・マイヤー アダム・ブルックス アレクシス・ハンシー マシュー・ニネバー
配給 アンプラグド
制作国 カナダ(2020)
年齢制限 PG-12
上映時間 95分
公式サイト http://pg-jp.com/

(C)2020 Crazy Ball Inc.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「最高ゴアマン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-08-22

バカ系映画好きはぜひ見てほしいです。
ダークヒーローモノでもマーベルのような特撮でもありません。
振り切ったバカ映画です。主人公のクソガキミミがぶっ飛んでます。
頭を空っぽにして見てください。
最高に笑えます

最終更新日:2021-10-15 20:00:08

広告を非表示にするには