アメリカン・ユートピア 作品情報

あめりかんゆーとぴあ

デイヴィッド・バーンの舞台をスパイク・リーが記録

アメリカン・ユートピアのイメージ画像1
アメリカン・ユートピアのイメージ画像2

プラスティックの脳を持ったデイヴィッド・バーンが、人間の脳の進化について語り始める。「人間の脳は成長と共に衰えていく」。そんな衝撃な研究結果について話を始めるバーン。今回のショーを通じて、彼は現代の様ざまな問題について問いかける。コミュニケーションの大切さ、選挙の重要性、人種問題…。混迷の時代を生きる現代人の意識をゆさぶる物語が語られていく…。

「アメリカン・ユートピア」の解説

元トーキング・ヘッズのフロントマンで、グラミー賞受賞アーティストのデイヴィッド・バーンが、2018年に発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」を原案に、2019年の秋からブロードウェイのショーとして再構成された舞台を映画化。今回の舞台でバーンは意識的に何もない空間を選び、マイクやドラムセットもなくし、新たな仲間である11人のミュージシャンやダンサーと舞台の上を縦横無尽に動き回る。パントマイムや前衛パフォーマンスの要素も取り入れた斬新な振り付けを担当したのは、過去にもバーンの舞台を手がけたアニー・B・パーソン。監督は『ブラック・クランズマン』のスパイク・リー。(作品資料より)

アメリカン・ユートピアのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年5月28日
キャスト 監督スパイク・リー
出演デイヴィッド・バーン ジャクリーン・アセヴェド グスタヴォ・ダルヴァ ダニエル・フリードマン クリス・ジャルモ ティム・ケイパー テンダイ・クンバ
配給 パルコ
制作国 アメリカ(2020)
上映時間 107分
公式サイト http://americanutopia-jpn.com/

(C)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「気づきの実験室。」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-07-16

ほとんど、限られた情報しか、存じ上げないが、限られた空間で、実験的な、舞台、コンサートを楽しむ、根っからの音楽好き、ヤンチャなところを失わない、息の長いアーティスト特有の至ってシンプルでフレンドリーな人柄が、伝わってくる。

過剰な演出を排除しているからこそ、伝わるモノ、そこにあるモノを肌で感じ、知らない内に、リズムを取り、自然と口ずさみ、あれ?ほとんど知らない人なんだけれど…。

人生は、一期一会、日々新たなど言い尽くされた言葉がよみがえる。

人は、目の前のことに、気づかず通りすぎる。

考え過ぎて、見ても聞いても、見えず聞こえず。

気づき、今、目の前にコネクトする。

絶えず、人生は、実験場、
二度と同じ感動はない。

だから、日々新た、一期一会。

気づいているから、感動できる。

若者音楽の最近の流れにも通じる民族音楽的なノリ、人は、ダイレクトなコネクトで、より音楽を謳歌する。

哲学的でもあるが、シンプルにして、様々な気づきを与えてくれる。

勿論、気づいていなくても、様々な見方で楽しめると思います。

最終更新日:2021-09-26 00:01:02

広告を非表示にするには