ファーザー 作品情報

ふぁーざー

誰にでも訪れる老いの喪失と親子の愛をテーマにした感動作

ファーザーのイメージ画像1
ファーザーのイメージ画像2

ロンドンで独り暮らしをおくる81歳のアンソニーは、記憶が薄れ始めていたが、年齢を重ねる度に、娘アンからの援助を拒否するようになっていた。そんな中、アンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられ、ショックを受ける。しかし、帰宅すると、見知らぬ人が居て戸惑うアンソニー。さらにはアンを名乗る女性が来て…。

「ファーザー」の解説

世界30カ国以上で上演された傑作舞台の映画化。年齢と共に誰もが経験する喪失と親子の愛を、記憶や時間が混迷していく父の視点で描く。主演は名優アンソニー・ホプキンス。監督は、本作が長編監督一作目となるフロリアン・ゼレール。(作品資料より)

ファーザーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年5月14日
キャスト 監督フロリアン・ゼレール
出演アンソニー・ホプキンス オリヴィア・コールマン マーク・ゲイティス イモージェン・プーツ ルーファス・シーウェル オリヴィア・ウィリアムズ
配給 ショウゲート
制作国 イギリス=フランス(2020)
上映時間 97分
公式サイト https://thefather.jp/

(C)NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、5件の投稿があります。

P.N.「大きな計らいの中で~大きな古時計~」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-05-31

最近の映画やドラマに、スマホの画面を多用するまあり、視聴者のイマジネーションを欠き、ストーリーを興醒めさせる傾向がありますが、舞台ならではの作品も映像化し過ぎる嫌いがあり、かえって、シンプルなストーリーを複雑化しています。

farther父も
further遥か遠くに

大きな古時計の英語歌詞を見るとイエス・キリストの物語そのモノが当てはまるように、ファーザーと言うタイトルに、シンプルながら、深味を与えています。

認知症は、まるで、パラレルリアリティを生きている我々の証明。

今、現在を受容し、未来を決める。

だが、認知症の方は、過去を手放せず、家などに執着する。

やがて、父は、過去を手放し、生命のサイクル死へ(彼にとっては未来)と歩む。

エデンの東と対比して鑑賞すると面白い。

男兄弟
女姉妹

人間は、人と関わり進化する。スマホばかりだと認知症に近い人間になってしまう。

最終更新日:2021-06-12 00:01:02

広告を非表示にするには