映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ 作品情報

さよならわたしのくらまーふぁーすとたっち

今しかできない、わたしの挑戦

映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチのイメージ画像1
映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチのイメージ画像2

女子中学生サッカープレイヤー・恩田希は、誰よりも練習し、誰よりも努力してきた。それでも、彼女は試合になかなか出してもらえなかった。藤第一中学校、男子サッカー部。それが、彼女の今いるフィールドだ。中学2年生となった希は、監督に「新人戦の1回戦に出たい!」と何度も願う。その理由は、対戦相手にあった。一緒にサッカーを続け、小学4年生で転校していった、幼馴染の“ナメック”谷安昭がいる、江上西中学校なのだ。「サッカーはフィジカルだ。身体のデカイ俺に、女のお前が敵うわけがない。男というだけで俺は──お前を超えたレベルにいるんだ」再会したナメックから受けたその言葉を、希は試合に出て、勝つことで、はねのけたかった。「上等だわ。見せてやろうじゃない。私に何ができるのか」希の孤独なチャレンジに、いま、ホイッスルは鳴らされた!

「映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ」の解説

「四月は君の嘘」の新川直司が描く王道青春群像劇をアニメ映画化。男子サッカー部のなかで苦闘する中学生編を劇場版、女子サッカーの頂点で目指す高校生編をTVアニメ版で制作。(作品資料より)

映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年6月11日
キャスト 監督宅野誠起
原作新川直司
声の出演島袋美由利 若山詩音 内山昂輝 逢坂良太 土屋神葉 白石涼子 遊佐浩二
配給 東映
制作国 日本(2021)
公式サイト https://sayonara-cramer.com/

(C)新川直司・講談社/2021「映画 さよなら私のクラマー」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2021-06-16

自分がサッカー好きと言う事もありフラっと観賞。
これが予想外に良かった!
と言うか想定外の感動作。

女子中学生、恩田が小学生の時の仲間、弱虫のナメックと新人戦で戦うストーリー。

中学生初めての公式戦の接触プレーで恩田は負傷。
それ以降、男子とのフィジカルの違いから監督は公式戦に恩田を試合に出さない展開。

弱虫だったナメックが成長してキャプテンとなった試合が近づく中、メンバーに入れ欲しい恩田は監督に賄賂や恐喝をする展開(笑)
中学生なのでやる事は可愛い。

本作のメインはサッカーの試合。
試合中、本当の試合を観ている感覚に加えトリッキーなフェイントも多様して見所満載。

恩田が楽しそうに試合をするシーンがとても共感出来て楽しさが倍増。

試合中は敵でも終わればサッカーの仲間。やっぱりサッカーは素敵なスポーツ!

恩田が試合に出た理由は納得出来ないけど映画だから問題なし( ´∀`)

最終更新日:2021-06-24 00:30:08

広告を非表示にするには