ダニエル 作品情報

だにえる

“空想上の親友”に翻弄される異色スリラー

ダニエルのイメージ画像1
ダニエルのイメージ画像2

ルークには自分にしか見えない“空想上の親友”がいた。幼少期のある事件をきっかけにその存在を封印していたルークだったが、時が経ち孤独と不安に苛まれたことで、長年の封印からダニエルを呼び起こす。カリスマ性溢れる美青年の姿で現れたダニエルの助言によって、ルークの生活は一変。何もかもが順調に進み、やがてダニエルが必要なくなっていく。しかしダニエルはそれを許さず、次第にルークの精神を支配しようと動き出す…。

「ダニエル」の解説

内気で繊細な青年と、圧倒的カリスマ性を持つ“空想上の親友”の恐ろしくも美しい関係を描いた異色のスリラー作品。主人公ルークを演じるのは、ティム・ロビンスとスーザン・サランドンを両親に持つマイルズ・ロビンス。初主演映画にして高い評価を集め、若手演技派として注目を集めている。ダニエル役を演じるのは、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガー。監督・脚本を担当したのは、次世代のスリラー、ホラーの担い手として期待を集めるアダム・エジプト・モーティマー。(作品資料より)

ダニエルのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年2月5日
キャスト 監督・脚本アダム・エジプト・モーティマー
製作イライジャ・ウッド
出演マイルズ・ロビンス パトリック・シュワルツェネッガー
配給 フラッグ
制作国 アメリカ(2018)
年齢制限 R-15
公式サイト https://danielmovie.jp/

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

動画配信で映画を観よう!

DVD・ブルーレイ発売情報

ダニエル

ダニエルジャケット写真
発売日2021年8月4日
価格3,800円+税
発売元アルバトロス
販売元アルバトロス
型番ALBSD-2531

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「心理学の遊戯(エゴの限界)」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2021-02-26

70年代から80年代のオカルト的な作品を、すべて若手で、造り上げたと言う感じ。

昔、よく、アーティストを起用した映画が流行ったが、ホップカルチャー的な作品。

悪魔より、チンピラ風な若者。

ダニエルも浮世離れした感もなく、ルークも、最近の若者ぽくっどこか上の空、無意識に生き、苦悩した感はない。

牧師や神父の悪魔払いを心理学者が担う、かろうじて現代風。

そもそも、心理学は、ある意味では有効だが、救いにはならない。

闇を照らすならいいが、いつまでも、その原因に囚われ、自分を責めるなら、如何に、心理学が、限界ゲームであるか分かる。

SNS上でイジメの地獄を造り上げ、いつまでも、止めない、学生や対策をとらない学校関係者や保護者に当てはまる。

自分たちで造り上げたのだから、責任転嫁はできない。

自由意思が、人間には与えられている。

だから、いつまでも、SNS上で、地獄を生み出す者も、自己責任を自覚しないといけない。

最終更新日:2021-11-27 20:06:39

広告を非表示にするには