夏への扉 ―キミのいる未来へ― 作品情報

なつへのとびらきみのいるみらいへ

ハインラインのタイムトラベル小説を実写映画化

夏への扉 ―キミのいる未来へ―のイメージ画像1
夏への扉 ―キミのいる未来へ―のイメージ画像2

1995年東京。ロボット開発をする科学者の高倉宗一郎は、尊敬する偉大な科学者であった亡き父の親友・松下の遺志を継いだプラズマ蓄電池の完成を目前に控えていた。愛猫のピートと、松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていたが、信頼していた共同経営者と婚約者の裏切りにあい、自身の会社も発明途中のロボットや蓄電池も奪われてしまう。さらに宗一郎は人体を冷凍し未来に行ける装置・コールドスリープに入れられ、目が覚めた時そこは、2025年の東京だった…。ピートや璃子の死を知り、すべてを失ったと知る宗一郎は、変えられた運命を取り戻すため、30年の時を超えてリベンジを誓う。

「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」の解説

ロバート・A・ハインラインのSF小説を実写映画化。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を越え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語を描く。主人公・高倉宗一郎を山崎賢人が演じる。監督は『アオハライド』『フォルトゥナの瞳』の三木孝浩。(作品資料より)

夏への扉 ―キミのいる未来へ―のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年6月25日
キャスト 監督三木孝浩
原作ロバート・A・ハインライン
出演山崎賢人 清原果耶 夏菜 眞島秀和 浜野謙太 田口トモロヲ 高梨臨 原田泰造 藤木直人
配給 東宝、アニプレックス
制作国 日本(2021)
上映時間 118分
公式サイト https://natsu-eno-tobira.com/

(C)2021「夏への扉」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、13件の投稿があります。

P.N.「ぽっぽさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-07-17

久しぶりに映画館へ足を運び、観てよかったと思える作品でした。
原作を知っていたのですが、山﨑賢人さん、清原果耶さん共に爽やかで2人の雰囲気が良かったです。
相棒のピートとのやり取りも楽しかったですし、SF、純愛、猫、癒されました。

最終更新日:2021-08-05 00:30:09

広告を非表示にするには