泣く子はいねぇが 感想・レビュー 4件

なくこはいねぇが

総合評価3点、「泣く子はいねぇが」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「タコライス」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2020-12-07

会話の間が空きすぎてテンポが悪い。3回程寝ました。
ゆっくり寝たい人にはおススメです!

P.N.「金澤 いずみ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-12-05

日本の多くの問題をあぶりだす。感動的。

P.N.「のざぽん」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2020-11-23

主演の男に感情移入出来なかった。
逆にこの男の行動にイライラしましまた。

P.N.「おおわーだ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-11-22

冒頭から吉岡里帆の素晴らしい演技と演出でまんまと主人公たすくに苛立たせられる。
うだつの上がらない、散漫な時間の経過を淡々と切り取ることで物語が進むものの、場面転換ごとに小気味のいいオチがあり、それを見事にこなす俳優陣の演技と洗練されたカメラワークで終始飽きずに見ることができた。冗長さを感じさせないテンポと一貫した寂しく冷たい空気が両立する絶妙さは見事だ。
そしてあのたすくの収まりの悪さ、情けなさ…引くべきタイミングで引かないのにいざとなると逃げ出すのかい!と何度も心でずっこける。
しかし驚いたことに、クライマックスに向けて徐々に自分でも理解しきれない感情の波が迫り来て、ラストは不覚にも胸打たれた。エンドロールと共に流れる主題歌、ベタベタしないが深い愛情に基づいた眼差しにより締めくくられる。
たすくが人生に向き合うことより溜め込んだ全国の投書の方が大事なのか?失敗したらそこでその人はおしまいの”この場所”って何なんだろう。鑑賞中はあんなにたすくをダメな奴なんて思っていのに、何だか後から色々な感想がぐにゃりと湧き出てくる。そんな力を持った映画だった。

最終更新日:2021-01-17 00:01:02

広告を非表示にするには