海辺の映画館ーキネマの玉手箱 作品情報

うみべのえいがかんきねまのたまてばこ

名匠が映画への情熱と平和への思いを込めた集大成

海辺の映画館ーキネマの玉手箱のイメージ画像1
海辺の映画館ーキネマの玉手箱のイメージ画像2

尾道の海辺にある映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日のプログラムは「日本の戦争映画大特集」のオールナイト上映だ。映画を観ていた青年の毬男、鳳助、茂の3人は、突然スクリーンの世界にタイムリープする。江戸時代から、乱世の幕末、戊辰戦争、日中戦争、太平洋戦争の沖縄へ。次第に自分たちが上映中の「戦争映画」の世界を旅していることに気づく。そして広島。そこで出会ったのは、歴史上では原爆の犠牲になった移動劇団「桜隊」……。

「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」の解説

名匠・大林宣彦監督が20年ぶりに故郷の尾道で撮影した本作は、タイムリープした青年たちが無声映画、トーキーから総天然色へ。アクション、ミュージカルとさまざまな表現で映画が発展していく過程をたどりながら、同時に戦争の歴史をみつめるドラマだ。主人公の3人の若者役には、『転校生 さよならあなた』の厚木拓郎、『ボクの、おじさん』の細山田隆人、『武蔵 むさし』の細田善彦。そして、大林監督の映画への情熱と平和への思いに賛同し集結したのは、これまで大林組に参加したことのある俳優をはじめとした豪華なメンバーだ。出演者それぞれが、これが監督の集大成的な作品であることを、そして最後であることを分かっているかのような渾身の演技を見せる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年7月31日
キャスト 監督大林宣彦
出演厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦 吉田玲 成海璃子 山崎紘菜 常盤貴子
配給 アスミック・エース
制作国 日本(2020)
公式サイト https://umibenoeigakan.jp/

(C)2020「海辺の映画館 -キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「ヒマなシニア」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-08-15

この映画は癌で余命宣告を受けた大林信彦監督の遺作となることが予め周知された上で制作された大変稀有な作品だと思います。その為、出演俳優陣は豪華過ぎる程に豪華な割には拍子抜けするくらいに軽いタッチのオムニバス形式の劇中劇でした。本来は非常に重たいテーマを飽きる暇さえを与えないテンポで展開させたので長尺物なのに楽に観られました。大林監督の映画葬的色彩が濃い為か大林映画の集大成とする意図からか大林作品を初めて観る私には途中まで意味が良く理解できませんでしたが、途中から笹野高史さんが登場して舞台を回してくれたので言いたいことが伝わって来ました。ネット上のレビューが賛否両論なのも納得ですが、この反応もまた大林監督が期待されたものと思われます。

最終更新日:2020-11-01 00:01:02

広告を非表示にするには