ヒックとドラゴン 聖地への冒険 作品情報

ひっくとどらごんせいちへのぼうけん

相棒ドラゴンが恋をして、冒険が再び始まる

ヒックとドラゴン 聖地への冒険のイメージ画像1
ヒックとドラゴン 聖地への冒険のイメージ画像2

かつて人間とドラゴンは敵対していたが、バイキングの少年ヒックと傷ついたドラゴンのトゥースの友情と活躍により、彼らは共存する道を選んだ。時が経ち、成長したヒックはバイキングの長となり、仲間やトゥースらと共にドラゴンを保護していた。しかし島は定員オーバーになり、ヒックは新天地を探す事に。だが、最凶のドラゴンハンターのグリメルがトゥースの命を狙っていた。

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」の解説

2010年に公開されたバイキングの少年と傷ついたドラゴンの友情を描いた『ヒックとドラゴン』、2014年の『ヒックとドラゴン2』(劇場未公開)に続くシリーズ3作目。1作目ではまだ少年だったヒックも、今ではバイキング一族の長に、トゥースもドラゴンたちを束ねる存在に成長している。今回は、そんなトゥースの前に白いメスのドラゴン、ライト・フューリーが現れ、トゥースが恋に落ちる。人と同じ様にドラゴンも成長し、ヒックもトゥースも大人になる。だが、それは別れの日が近い事を意味しているのだ。ヒックと仲間たちの楽しいやり取りや、ドラゴンハンターとの戦いなどのほか、数千に及ぶドラゴンが空を舞うシーンなどビジュアル的にも見どころが満載。製作は『シュレック』や『カンフーパンダ』などを送り出したドリームワークス・アニメーション。

ヒックとドラゴン 聖地への冒険のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年12月20日
キャスト 監督・脚本・製作総指揮ディーン・デュボア
声の出演ジェイ・バルシェル アメリカ・フェレーラ ケイト・ブランシェット ジェラルド・バトラー クリストファー・ミンツ=プラッセ
配給 東宝東和、ギャガ
制作国 アメリカ(2019)
上映時間 104分
公式サイト https://gaga.ne.jp/hicdragon/

(C)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「なつめ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-12-25

ヒックとドラゴンは1から見ています。(劇場ではありませんでしたが)
2の劇場公開を求めた署名運動にも参加しました。
圧倒的に知名度が低いこの作品ですが、内容はとてもハイクオリティ。
ひ弱で除け者扱いをされていた少年と傷ついてしまったドラゴンのトゥース。種族を越えた絆の物語。
3の見所はバイキングの長となったヒックと、ドラゴンの王になったトゥースが共生していく上で選んだ二人の決断。
シリーズを知っているのでラスト10分ほどはずっと涙が止まりませんでした。
またふたりの物語を際立たせるのが、美しいCGとジョンパウエル氏が手掛ける音楽。
冒頭には初見の人のために簡単なおさらいがありますが、もし可能ならば1、2を見てもらえたらより深く入っていけるかと思います。
この感動をスクリーンで味わってほしいです。
特に二人が空を飛ぶシーンの美しさは是非とも劇場で!

最終更新日:2020-01-25 00:01:02

広告を非表示にするには