影に抱かれて眠れ 作品情報

かげにだかれてねむれ

哀愁漂う男たちの悲哀と優しさ

影に抱かれて眠れのイメージ画像1
影に抱かれて眠れのイメージ画像2

硲冬樹は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。信治は、冬樹の店を辞めた後NPOの慈善団体、“碧の会”の一員となって、横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは…。

「影に抱かれて眠れ」の解説

巨匠・北方謙三原作の講談社創業100周年記念出版作品「抱影」を実写映画化。こよなく酒を愛し、横浜の野毛の街を愛する抽象画家・硲冬樹を演じるのは、出演作で演技の幅を見せつける大人の色香漂うベテラン、加藤雅也。本作では、全てを受け入れていく“男”の哀愁と優しさを見事に演じきっている。そして、冬樹が純愛を貫く女性・永井響子役を中村ゆり、バーデンターの辻村役をEXILEの松本利夫、冬樹を事件に巻き込む発端を作る岩井信治役を『ケンとカズ』のカトウシンスケが演じる。本作をプロデュースしたのは、今回が初プロデュース作品となる中野英雄。メガホンをとったのは、国民的大ヒット作品「相棒」シリーズのメイン監督を務めた和泉聖治。(作品資料より)

影に抱かれて眠れのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年9月6日
キャスト 監督和泉聖治
原作北方謙三
プロデューサー中野英雄
出演加藤雅也 中村ゆり 松本利夫 カトウシンスケ 熊切あさ美 若旦那 余貴美子 火野正平 AK-69
配給 BS-TBS
制作国 日本(2019)
年齢制限 PG-12
上映時間 108分
公式サイト http://kagedaka.jp/

(C)BUGSY

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「影に抱かれて眠れ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-15 00:01:01

広告を非表示にするには