Arc アーク 作品情報

あーく

そう遠くない未来。生まれたばかりの息子と17歳で別れたリナ(芳根京子)はその後、放浪生活を送っていた。だが、19歳の時、彼女は師となるエマ(寺島しのぶ)と出会い、大手化粧品会社エターニティ社で“ボディワークス”という職を得る。それは、最愛の存在を亡くした人々のため、生前の姿のまま遺体を保存できるように、施術“プラスティネーション”を行う仕事だった。悲しみを乗り越えたい人々からの依頼は絶えることがなく、その一方でエマの弟の天才科学者・天音(岡田将生)は、その技術を発展させ、姉と対立しながら“不老不死”の研究を進めていた。そして30歳を迎えたリナは、天音と共に“不老不死”の処置を受ける人類史上初の女性となり、永遠の命を得る。やがて、世界では不老不死が当たり前のことになるが、それは人類を二分化し、同時に混乱と変化を生み出していった。果たして、不老不死が生み出した未来の先にリナが見たものとは……?

「Arc アーク」の解説

「蜜蜂と遠雷」の石川慶が、SF作家ケン・リュウの短編小説『円弧』を映画化。そう遠くない未来。最愛の存在を亡くした人たちのため、生前の姿のまま遺体を保存する“ボディワークス”として働くリナは、人類初の不老不死処置を受け、永遠の命を得るが……。出演は「ファーストラヴ」の芳根京子、「ヤクザと家族 The Family」の寺島しのぶ、「さんかく窓の外側は夜」の岡田将生。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年6月25日
キャスト 監督石川慶
原作ケン・リュウ
出演芳根京子 寺島しのぶ 岡田将生 倍賞千恵子 風吹ジュン 小林薫 清水くるみ 井之脇海 中川翼 中村ゆり
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2021)
上映時間 127分

(C)2021 映画『Arc』製作委員会

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「OiT」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-07-09

原作に忠実に「愛」の話を描いています。予告で「不死」テーマだとドラマティックな映画を期待した人には期待外れになるのかな。不死は素材でしかないので。
ドキュメンタリー的な作りを取り入れています。
静謐な物語と言えます。
もう一つのハインライン映画版を対極をなすのではないでしょいうか。

最終更新日:2022-07-26 11:03:18

広告を非表示にするには