トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション 作品情報

とらうまげーむきょうふたいけんあとらくしょん

究極の悪魔的恐怖を、味わえ。

トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクションのイメージ画像1
トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクションのイメージ画像2

恐怖体験アトラクション施設「パーディション」。そこでは、精神的・身体的な苦痛によって究極の恐怖を体験することができる。ルールは途中棄権禁止、時間制限無し、全てを主催者に委ねることだった。その過激な内容が賛否を生む一方で、世界中から参加者は殺到。幼い頃に父親から虐待を受けていたアリソンも、そのトラウマを克服するために「パーディション」に参加する。恐怖の限界を超えれば、過去を清算できると考えていた。しかし、到着早々に身ぐるみを剥がされ、スカルの面をかぶった者たちから執拗なまでの凌辱と苦痛を与えられる。これは本当にゲームなのか?アリソンの疑いをよそに、人格破壊行為はさらにヒートアップしていく。

「トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション」の解説

究極の恐怖が味わえるアトラクション施設で繰り広げられる、戦慄のトラウマ・ホラー。監督は『ヘル・レイザー』『キャンディマン』の作家クライブ・バーカー原作による『ミッドナイト・ミート・トレイン』『血の本』などを手掛けたアンソニー・ディブラシ。そして、特殊メイクのスーパーバイザーとして名を連ねるのは、『シン・ゴジラ』『進撃の巨人』等の特殊造形を手掛けた西村映造の西村喜廣。本作では、パーディションを取材する日本人カメラマン役としても出演している。また、取材クルーのインタビュアー役は、『娼年』『クソ野郎と美しき世界』の冨手麻妙が演じる。「未体験ゾーンの映画たち2019」にて上映。(作品資料より)

トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクションのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月11日
キャスト 監督アンソニー・ディブラシ
出演チャド・ルック ダナ・クリスティーナ ディラン・スローン 西村喜廣 冨手麻妙
配給 「トラウマ・ゲーム」上映委員会
制作国 カナダ(2018)
上映時間 98分

(C)Corinne Ferguson

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-11 00:12:52

広告を非表示にするには