特捜部Q カルテ番号64 作品情報

とくそうぶきゅーかるてばんごうしっくすてぃふぉー

特捜部Qシリーズ第4弾

特捜部Q カルテ番号64のイメージ画像1
特捜部Q カルテ番号64のイメージ画像2

「特捜部Q」は、過去の未解決事件を専門に扱うコペンハーゲン警察の新部署である。「Q」が今回挑むのは、80年代に起こったナイトクラブのマダムの失踪事件。調査によるとほぼ同時に5人もの行方不明者が出ているという。カール警部補は大事件の匂いを嗅ぎつけ捜査に着手。やがて、壮絶な過去を持つひとりの老女と新進政党の関係者が捜査線上に浮かび上がってくるのだが……。

「特捜部Q カルテ番号64」の解説

累計1000万部以上を売り上げる大ヒットミステリー小説「特捜部Q」シリーズ。その映画化第4弾。監督は『恋に落ちる確率』の監督であり、カンヌ国際映画祭をはじめ各国で高い評価を得たミステリー『獣は月夜に夢を見る』の製作総指揮を務めたクリストファー・ボー。主演はカール役にニコライ・リー・コス、アサド役にファレス・ファレスとシリーズ通して続投。「未体験ゾーンの映画たち2019」にて上映。(作品資料より)

特捜部Q カルテ番号64のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月11日
キャスト 監督クリストファー・ボー
原作ユッシ・エーズラ・オールスン
出演ニコライ・リー・コス ファレス・ファレス
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
制作国 デンマーク=ドイツ(2018)
上映時間 118分

(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS20, ZENTROPA BERLIN, ZENTROPA HAMBURG

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「特捜部Q カルテ番号64」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-21 12:01:00

広告を非表示にするには