ビューティフル・ボーイ 作品情報

びゅーてぃふるぼーい

麻薬依存症の息子と父親との絆を描く

ビューティフル・ボーイのイメージ画像1
ビューティフル・ボーイのイメージ画像2

優等生でスポーツ万能、才能豊かな学生として将来を期待されていたニック。しかし彼は、義理の母親、幼い弟たちにとって“いい息子・いい兄”である事がいつも求められていた。そんな日常の中で、つい手を出してしまったドラッグ。断ち切ろうと思いつつも、禁断の誘惑に抗えない自分を恥じる気持ちから、次第にエスカレートしてゆく。“誇りに思ってほしい”と痛切に願うニックの更正を、大きな愛と献身で包み込むデヴィッド。そしてついに…。

「ビューティフル・ボーイ」の解説

『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメ。待望の最新作は8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetf lixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物の物語。息子を信じ続ける父親デヴィッドをスティーヴ・カレルが熱演。原作は8年間の軌跡をデヴィッドとニックそれぞれの視点から描いた2冊の回顧録でありベストセラーとなった。2つの視点を統合して見事な1本のドラマを完成させたのはフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン。製作は『ムーンライト』『それでも夜は明ける』など上質かつ見応えのあるドラマを産み出し続けているプランBエンターテインメント。

ビューティフル・ボーイのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年4月12日
キャスト 監督フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
脚本ルーク・デイヴィス
出演スティーヴ・カレル ティモシー・シャラメ モーラ・ティアニー エイミー・ライアン ケイトリン・デヴァー
配給 ファントム・フィルム
制作国 アメリカ(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 120分
公式サイト https://beautifulboy-movie.jp/

(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ビューティフル・ボーイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-04-25 00:31:45

広告を非表示にするには