来る 作品情報

くる

人間の心の闇を描く、最恐エンターテインメント

来るのイメージ画像1

オカルトライター・野崎のもとに、相談者・田原が訪れた。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるが、田原家に憑いている“何か”は、想像をはるかに超えて強力なものだった。民俗学者・津田はその“何か”を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「ぼぎわん」ではないかと言う。そんななか、真琴の姉で、国内最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、全国から猛者たちが次々と田原家に集結。かつてない規模の“祓いの儀式”が始まろうとしていた……。

「来る」の解説

第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」を映画化。主演は『関ヶ原』『散り椿』の岡田准一。『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した黒木華。『渇き。』で鮮烈な女優デビューを飾った小松菜奈。『ヴィヨンの妻』『告白』の松たか子。『悪人』『怒り』の妻夫木聡。そのほか、青木崇高、柴田理恵、伊集院光、太賀といった個性的な面々が共演。監督は『下妻物語』『告白』『渇き。』の中島哲也。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年12月7日
キャスト 監督中島哲也
原作澤村伊智
出演岡田准一 黒木華 小松菜奈 松たか子 妻夫木聡
配給 東宝
制作国 日本(2018)
年齢制限 PG-12
公式サイト http://kuru-movie.jp/

(C)2018「来る」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「r」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-12-08

これは海外でもウケるんじゃないでしょうか?


レビューを投稿する

「来る」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-10 16:00:03

広告を非表示にするには