散り椿 作品情報

ちりつばき

木村大作監督が挑んだ、“美しい時代劇”

散り椿のイメージ画像1

享保15年。藩の不正を正そうとしたため藩を追われた瓜生新兵衛。その妻・篠は、新兵衛の追放後も連れ添い続け、やがて重い病に倒れてしまう。死の床で新兵衛に託した最期の願いは、かつての友にしてライバルであり、藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物である榊原采女を助けてほしいというものだった。妻の願いを叶えるため故郷へ戻った新兵衛は、過去の出来事に関してある確証を得て、采女と対峙する事に。

「散り椿」の解説

日本映画界の名キャメラマンとして名をはせる木村大作が、直木賞作家・葉室麟の同名時代小説を映画化した監督第3作。権力に負け、藩を追放された男が、亡き妻との約束を叶えるため故郷に戻り、藩の不正事件の真相を探る。そんな武士・瓜生新兵衛を演じるのは、岡田准一。道場の四天王の一人という役柄から、約3ヵ月にわたる殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに臨んでいる。共演には西島秀俊、黒木華、池松壮亮といった豪華な面々が揃った。脚本は、『雨あがる』『蜩の記』の監督として知られる小泉堯史。常に「美しい日本の四季」を切り取る木村キャメラマンは今回、「美しい日本人の佇まい」を描いた。そこにも注目したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年9月28日
キャスト 監督木村大作
原作葉室麟
出演岡田准一 西島秀俊 黒木華 池松壮亮 麻生久美子 緒方直人 新井浩文 柳楽優弥 芳根京子 駿河太郎 渡辺大 石橋蓮司 富司純子 奥田暎二
配給 東宝
制作国 日本(2018)
上映時間 112分
公式サイト http://chiritsubaki.jp/

(C)2018「散り椿」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.4点★★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「ちょこたん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-10-24

すべてに美しく感動でした。日本の美しい風景・岡田准一の
美しい殺陣・また音楽も最高でした。若者にも見ていただきたい作品です。ありがとうございました。
これを機会に映画の世界に仲間入りできました。


レビューを投稿する

「散り椿」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-15 00:01:02

広告を非表示にするには