蜘蛛の巣を払う女 作品情報

くものすをはらうおんな

“ドラゴン・タトゥーの女”が戻ってきた!

蜘蛛の巣を払う女のイメージ画像1
蜘蛛の巣を払う女のイメージ画像2

背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーのリスベット・サランデル。彼女が受けた新たな仕事は、世界中の防衛システムにアクセス可能なプログラムを作った科学者バルデルからだった。プログラムを悪用される前にそれを取り戻し、破棄したいというのだ。難なくデータを盗み出したリスベットだが、何者かに襲撃されてデータを奪われてしまう。その裏には、16年前に生き別れた双子の姉妹カミラの組織が関わっていた。

「蜘蛛の巣を払う女」の解説

世界的ベストセラーになったスウェーデン発のミステリー「ミレニアム」シリーズ3部作。1作目の『ドラゴン・タトゥーの女』は、『セブン』のデヴィッド・フィンチャーが監督し、ダニエル・クレイグとルーニ・マーラの共演で2011年に映画化された。今回はフィンチャーは総指揮にまわり、スタッフ・キャストを一新した続編となっている。話が複雑だった前作に比べ、本作はプログラムの奪い合いに姉妹の因縁が絡むという直線的なストーリー。アクションも前作に比べるとかなり多めで、エンタメ性の高い作品になっている。シリーズのファンにとっては、リスベットの過去が明かされていくのが興味深いだろう。監督は、異色ホラー『ドント・ブリーズ』で注目を浴びた新鋭フェデ・アルバレス。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月11日
キャスト 監督フェデ・アルバレス
製作総指揮デヴィッド・フィンチャー
出演クレア・フォイ シルヴィア・フークス スベリル・グドナソン
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 イギリス=ドイツ=スウェーデン=カナダ他(2018)
年齢制限 PG-12
上映時間 115分
公式サイト http://www.girl-in-spidersweb.jp/

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.67点★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「r」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-01-17

前作と比べると…ってのはありますが、期待し過ぎないように見ました。十分おもしろかったと思います。主人公陣と敵の手下(とても残忍!)同士、「なぜそこで殺しておかないっ(笑)」という場面が多々ありましたが…


レビューを投稿する

「蜘蛛の巣を払う女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-17 11:00:01

広告を非表示にするには