英国総督 最後の家 作品情報

えいこくそうとくさいごのいえ

インド独立という歴史の転換を描くドラマ

英国総督 最後の家のイメージ画像1
英国総督 最後の家のイメージ画像2

1947年、インドの首都デリーに、主権譲渡のために最後となる新総督マウントバッテン卿とその家族がやってくる。一方、新総督の秘書として雇われたインド人青年ジートは、総督邸でかつて思いを寄せていた女性アーリアと偶然再会していた。インド独立の準備を始めるマウントバッテンだが、ネルー、ガンディー、ジンナーといった指導者たちの意見はまとまらず、各地で宗教対立による暴動が起きる。統一インドとしての独立か、それともパキスタンとの分離か。マウントバッテンは決断を迫られる。

「英国総督 最後の家」の解説

現在、中国に次ぐ世界第二の人口を抱える大国インド。しかし独立に至るまでは、様々な紆余曲折があった。本作は1947年8月に独立するまでのインドの6ヶ月間を、最後の総督としてやってきたマウントバッテン卿とその家族、そしてそこで働くインド人たちを通して描いた歴史ドラマだ。なぜインドとパキスタンに分かれて独立することになったのか。そこにはヒンドゥー教徒とイスラム教徒の指導者たち、さらにイギリスの思惑があった。そうした歴史の裏側を知るにはいいテキストになる映画だろう。また、指導者たちの目線だけでなく、異教徒間の恋愛ドラマを交えることにより、政治によって憎しみが増長されていく民衆など、今も通じる問題を身近に感じさせている。監督は『ベッカムに恋して』などのグリンダ・チャーダ。彼女もまた自身がインド系という。

英国総督 最後の家のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年8月11日
キャスト 監督・脚本グリンダ・チャーダ
出演ヒュー・ボネヴィル ジリアン・アンダーソン マニシュ・ダヤル フマー・クレイシー マイケル・ガンボン
配給 キノフィルムズ
制作国 イギリス(2017)
上映時間 106分
公式サイト http://eikokusotoku.jp/

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US)INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「英国総督 最後の家」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-14 00:01:02

広告を非表示にするには