大人のためのグリム童話 手をなくした少女 作品情報

おとなのためのぐりむどうわてをなくしたしょうじょ

両腕を奪われた少女の数奇な運命を描く

大人のためのグリム童話 手をなくした少女のイメージ画像1
大人のためのグリム童話 手をなくした少女のイメージ画像2

貧しさに疲れ果てた父親は悪魔に騙され、お金と引き換えに最愛の娘を引き渡す契約を交わしてしまう。悪魔が娘を迎えに来るが、信心深い娘の涙のせいで悪魔は近寄れない。悪魔は父親に、涙に濡れた娘の腕を切り落とすように命じる―。父親に両腕を切り落とされた娘は不思議な精霊の力にも守られ、放浪の末、王宮にたどり着く。やがて、一国の王子から求愛を受ける事になる。しかし悪魔は、用意周到に二人の仲を引き裂く…。

「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」の解説

19世紀初頭にグリム兄弟によって書かれた、有名な民話集「グリム童話集」。近年、“本当は恐ろしい童話”として、大人向けに注目を集めている。本作は、「グリム童話集」に初版から収録されている「手なしむすめ」を原作に、フランスのセバスチャン・ローデンバック監督が、独自の解釈も加えながら映画化したものだ。すべての作画をひとりで手がけるという作画技法「クリプトキノグラフィー」を用い、アニメーションの“線” そのものに命を吹き込んだ。ローデンバック監督が尊敬するアニメ監督は、スタジオジブリの高畑勲監督だというのも納得だ。2017年の東京アニメアワードフェスティバルでは、長編アニメーションのグランプリを受賞している。

大人のためのグリム童話 手をなくした少女のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年8月18日
キャスト 監督セバスチャン・ローデンバック
声の出演アナイス・ドゥムースティエ ジェレミー・エルカイム フィリップ・ロダンバッシュ
配給 ニューディアー
制作国 フランス(2016)
上映時間 80分
公式サイト http://newdeer.net/girl/

(C)Les Films Sauvages - 2016

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-10 00:01:03

広告を非表示にするには