未来のミライ 作品情報

みらいのみらい

最強のライバル登場で人生最大の危機!?

未来のミライのイメージ画像1
未来のミライのイメージ画像2

くんちゃんは4歳の男の子。ある日、おとうさんとおかあんが、生まれたばかりの赤ちゃんを連れて帰ってくる。その小さな赤ちゃんはくんちゃんの妹だという。おとうさんもおかあさんも妹にばかりかまって、くんちゃんのことはほったらかし。何もかも面白くないし、眠ってばかりいる妹は退屈だ。すねて庭に出たくんちゃんは、いきなり「お兄ちゃん」と呼ばれて驚く。なんと目の前に制服姿の少女ミライちゃんが現れる。

「未来のミライ」の解説

溺愛される王子として永遠に君臨し続けることは誰にもできない。突然やってきた小さな妹に両親の愛情を奪われ、4歳児は生まれて初めて挫折を経験する。地団駄踏んで嫉妬に狂うのは、誰もが経験するか、目にする光景だ。一方、乳幼児2人を抱えた若い夫婦は、じたばたしながら親として成長してゆく。『バケモノの子』以来3年ぶりとなる細田守監督の新作は、小さな庭のある一軒の家から時空を越えた冒険物語が展開する。そんな普遍性と、アニメーションでしか表現できない自由でわくわくする出会いに満ちた映画は、笑いどころも満載だが、過去、現在、未来を繋ぐ愛おしい生命賛歌でもある。第71回カンヌ国際映画祭監督週間選出作品。

未来のミライのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年7月20日
キャスト 監督・脚本・原作細田守
声の出演上白石萌歌 黒木華 星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子 役所広司 福山雅治
配給 東宝
制作国 日本(2018)
上映時間 98分
公式サイト http://mirai-no-mirai.jp/

(C)2018スタジオ地図

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.16点★★☆☆☆、107件の投稿があります。

P.N.「みーたん」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-11-23

監督は、4歳児にとっては家の中が世界の全てで、大人が海外旅行に行くそれが4歳児にとっては玄関だと述べており、その4歳児の視点で物語を描くと面白いものが描けるとしている。ここが根本的な間違いで、作品が退屈なものになってしまった原因のひとつかもしれない。

4歳児だって外に出るし、家の中が世界の全てというのはさすがにないでしょう。

また、外の世界を知った普通の大人や子供が家の中や近所の公園でしか繰り広げられない物語を、壮大なストーリー、大冒険として捉えることができるか?

結果、観る人の立場を完全に無視した、独りよがりの作品になってしまいました。


レビューを投稿する

「未来のミライ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-23 14:47:42

広告を非表示にするには