飢えたライオン 作品情報

うえたらいおん

デマに追い詰められた女子高生

飢えたライオンのイメージ画像1
飢えたライオンのイメージ画像2

ある朝のHRで、瞳の担任が児童ポルノ禁止法違反の容疑で警察に連行された。担任の性的動画が流出し、その相手が瞳だというデマが流れる。誰も信じないだろうと軽く考えていた瞳だったが、デマは事実のように広がっていき、瞳は追い詰められ自殺をする。担任の逮捕と生徒の自殺は、マスコミの格好の餌食となり報道は過熱していく。そして社会によって瞳の“虚像”が作られていくのだった…。

「飢えたライオン」の解説

映像や情報の持つ可虐性を描き、それらを消費する私たちの中にある邪悪な欲望をあぶり出す78分。主人公・杉本瞳役に松林うらら、瞳の彼・藤川ヒロキ役を『鋼の錬金術師』の水石亜飛夢、瞳の母・杉本裕子役を実力派・筒井真理子が演じる。監督は『子宮に沈める』の緒方貴臣。第30回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門で上映。(作品資料より)

飢えたライオンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年9月15日
キャスト 監督・脚本緒方貴臣
出演松林うらら 水石亜飛夢 筒井真理子 菅井知美 日高七海 加藤才紀子 上原実矩 菅原大吉 小木戸利光 遠藤祐美 品田誠 竹中直人
配給 キャットパワー
制作国 日本(2017)
上映時間 78分
公式サイト http://hungrylion.paranoidkitchen.com/

(C)2017 TheHungryLion

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:1点☆☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「俺は監督」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2018-09-26

人の不幸を弄ぶ 映画です。 メッセージ性に 乏しく、 不快にさせる映画です。 ここ数年か見た映画の中でも最低です。


レビューを投稿する

「飢えたライオン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-15 00:01:02

広告を非表示にするには