さよならの朝に約束の花をかざろう 作品情報

さよならのあさにやくそくのはなをかざろう

出会って別れて愛した日々を織り上げる

さよならの朝に約束の花をかざろうのイメージ画像1
さよならの朝に約束の花をかざろうのイメージ画像2

人里離れた土地で機を織りながら平和に暮らす不老長寿の民イオルフを、古の獣レナトを伴ったメザーテ軍が攻め滅す。命からがら逃げ出した少女マキアは、ひとりぼっちで人間の土地をさ迷ううちに、親を亡くして泣き叫ぶ赤ん坊を見つける。親切な農場の女主人ミドに助けられ、エリアルと名づけた赤ん坊の母親になると心に決めるマキア。時は流れ、立派な若者に成長したエリアルは、少女のままの母の姿に戸惑う。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」の解説

これは“母になる”物語だ。赤ん坊を初めて抱いた少女マキアが、悩みながらも一途に愛情を注ぎ、小さな命を守り育ててゆく。数百年の時を変わらぬ姿のままで生きることの残酷さを心に刻みながら。泣いてばかりいた頼りなげな少女は、外見はそのままに子の成長と共に賢く逞しい母になってゆく。また、もうひとりのイオルフの少女レイリアは“母になる”ことを渇望しながら、満たされない時間を耐え続ける。『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』の脚本家・岡田麿里が満を持して監督デビューを果たした本作。愛する者を見送る定めを負った少女が辿る人生の旅を繊細かつドラマティックに描いている。

さよならの朝に約束の花をかざろうのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年2月24日
キャスト 監督・脚本岡田麿里
声の出演石見舞菜香 入野自由 茅野愛衣 梶裕貴 沢城みゆき 細谷佳正 佐藤利奈 日笠陽子 久野美咲 杉田智和 平田広明
配給 ショウゲート
制作国 日本(2018)
上映時間 115分
公式サイト http://sayoasa.jp/

(C)PROJECT MAQUIA

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「すゆすゆ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-03-07

正直、この作品に過度な期待はしていなかった。なぜなら、この作品の監督、脚本はマリーこと、あの岡田磨里氏なのだ。私は彼女に、原作ありの作品を映像化することに関しては超一流であり、オリジナル作品の出来はお粗末というイメージを持っていた。まったく失礼な話である。しかし、いざ蓋を開けてみればまぁ…泣く、とにかく泣く、何がなんでも泣ける!そんな作品に仕上がっていた。最近、子育てを終えた親御さん達に是非とも見てほしい。


レビューを投稿する

「さよならの朝に約束の花をかざろう」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-09 00:02:31

広告を非表示にするには