赤頭巾ちゃん気をつけて 作品情報

あかずきんちゃんきをつけて

高校生薫クンの一日を通し描く揺れ動く青春

この日、薫クンはまったくついていなかった。東大入試は中止になり、ホンコン風邪をひき、スキーにけつまずいて足の爪をはがし、愛犬が死んだ。薫クンは幼なじみの由美に電話する。テニスの約束を断わらねばならない。由美は薫クンとおない年の、キュートでちょっとこなまいきな女の子だ。この日も、きのう読んだばかりの「エンペドクレスのサンダル」の話を電話に出るなりまくしたてる。薫クンがすでにその話を知っていることを知った由美は「舌かんで死んじゃいたい」と電話を切った。これでまた二週間は絶交だろう。

「赤頭巾ちゃん気をつけて」の解説

庄司薫の原作から、脚本は「二人の恋人」の井手俊郎と森谷司郎の共同執筆、監督は森谷司郎。撮影は「ブラボー!若大将」の中井朝一が担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森谷司郎
出演岡田裕介 森和代 富川徹夫 森秋子 風見章子
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「赤頭巾ちゃん気をつけて」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-07-12 00:02:30

広告を非表示にするには