野良猫ロック ワイルド・ジャンボ 作品情報

のらねころっくわいるどじゃんぼ

“野良猫ロック”シリーズ第二作

小さな都市の工場街、叩きつけるロック調バラードに乗って、飛び跳ねるように行く不良集団「ペリカン・クラブ」のメンバー、ガニ新、デボ、C子、ジローそしてリーダー格のタキの姿があった。街には、このグループと対立する「西部会」があり、主導権を争っていた。ある日、白馬にのった美女がタキたちの前に現われた。各地に数十万の信者をもつ正教学会の幹部・藤森信介の二号のアサ子だった。数日後の夜、どしゃ降りの雨の中で、戦時中に埋められた武器を以前から探していたデボが軽機関銃をみつける。その頃、タキも、アサ子から大変な計画を聞かされた。

「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」の解説

今回は「非行少年 若者の砦」の藤田敏八が監督を担当している。脚本は第一作「女番長 野良猫ロック」の永原秀一と藤田監督の共同執筆。撮影は「残酷おんな情死」の安藤庄平。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督藤田敏八
出演范文雀 地井武男 藤竜也 前野霜一郎 夏夕介
制作国 日本(1970)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-06-16 17:34:20

広告を非表示にするには