ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ 作品情報

うぃーなーこりないおとこのせんきょうぉーず

ヒラリーの足を引っ張ったのはこの男?

ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズのイメージ画像1
ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズのイメージ画像2

2011年、下院議員のウィーナーは民主党の若手議員として注目されていた。妻はヒラリー・クリントンのチームにも加わっているフーマで、前途有望のはずだった。ところが、女性に性的なメッセージや画像を送り合う“セクスティング”をしていたことが報道され、議員を辞職することになる。その2年後、再起を図るウィーナーはニューヨークの市長選に立候補。「もう一度チャンスを!」という熱い姿勢は人々を動かし、支持率もトップに。しかしそんな矢先に、新たな疑惑が発覚してしまう。

「ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ」の解説

「ウィーナーがやらかさなければ、トランプが大統領にならなかったかも」。このドキュメンタリーがアメリカで公開された2016年の夏は、誰もそんなことは思わなかったろう。大統領選挙戦中の2016年秋、それまで有利だったヒラリーの足を引っ張った「私用メール問題」を覚えているだろうか。これはこのドキュメンタリーの主役であるウィーナーが起こした事件に関して、FBIがその妻フーマ(後に離婚)との共有端末を押収し調査している際、そこにヒラリーが送受信したメールを発見したのが発端だ(フーマはヒラリーの腹心だった)。つまりウィーナーが事件を起こさなければ、使用メール問題も発覚しなかったかもしれない。さてこのドキュメンタリーは、ニューヨーク市長選に出たウィーナーの活躍をとらえるはずだったのだが、途中からスキャンダルが発覚し、思わぬ方向に進んで行く。プライベートなところまで踏み込んだカメラもすごいが、人の“性(さが)”というものを、つくづく考えさせられる映画でもある。人間、なかなか変われない。

ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年2月18日
キャスト 監督ジョシュ・クリーグマン エリース・スタインバーク
出演アンソニー・ウィーナー フーマ・アベディン ヒラリー・クリントン ドナルド・トランプ ビル・クリントン バラク・オバマ
配給 トランスフォーマー
制作国 アメリカ(2016)
上映時間 96分

(C)2016 AWD FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-02-18

大変面白く見た! 『勝てば官軍。負ければ賊軍。』『選挙、落選すればただの人。』見ている最中そうした言葉が何度も頭の中を過った。どんなに泣きわめこうが、抗議の嵐が続こうが、アメリカの大統領はドナルド・トランプなのだ。アンソニー・ウィーナー氏のような熱血漢あふれる男の存在は頼もしいが、民主党支持派の皆さん、くやしかったら2020年秋の大統領選で政権奪回する以外方法ありませんよ!

最終更新日:2020-09-17 00:01:06

広告を非表示にするには