古都 作品情報

こと

川端康成の代表作を、現代に置き換え映画化

古都のイメージ画像1

京都の室町で代々続く呉服店を営む佐田千重子。古くからの職人は次々に廃業していく中で店をどうしていくか、また娘の舞にも同じ宿命を背負わせていいものか思いあぐねている。そして舞も将来について迷っていた。一方、千重子の生き別れた双子の妹・中田苗子は、京都のはずれにある北山杉の里で林業を営んでいる。家業が経営難に直面する中、苗子の娘・結衣は北山杉を使った新しいものを作れないか模索しフランスに留学するが…。

「古都」の解説

川端康成の同名小説を現代版として映画化し、松雪泰子、橋本愛、成海璃子の豪華な共演で描いた人間ドラマ。原作では書かれなかった主人公の双子姉妹のその後にスポットを当て、成長した姉妹とそれぞれの娘たちの人生を、京都とパリという2つの古都を舞台に描いている。ハリウッドで8年間にわたって映画製作を学び、その後もアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品の現場などに参加した経験を持つ新鋭監督Yuki Saitoがメガホンをとった。京都とパリでオールロケを敢行。出演者が着用した着物はもちろんの事、茶道や華道のシーンでは小物にまで“本物”を用いたという。関係各位の協力を得て実現した、こだわりぬいた画作りに注目したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年12月3日
キャスト 監督Yuki Saito
原作川端康成
出演松雪泰子 橋本愛 成海璃子 蒼れいな 蒼あんな 葉山奨之 栗塚旭 迫田孝也 伊原剛志 奥田瑛二
配給 DLE
制作国 日本(2016)
上映時間 117分

(C)川端康成記念會/古都プロジェクト

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、8件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-07-10

古都をまた観た。やはりとても感動した。我が家の座敷の床の間には大きな北山杉が立っている。この映画のなかで出てくる、北山杉だ。だから北山杉を観るたびに、古都を思い出す。この映画はあまりにもセンスがいいと思った。そして日本の美しさ、素晴らしさをあらためて感じさせてくれる作品だ。松雪泰子さんは美しすぎる。大好きだ。この映画は決して忘れることができない。

最終更新日:2020-10-28 15:53:03

広告を非表示にするには