一発かましたれ 作品情報

いっぱつかましたれ

小山幹夫が監督した喜劇

ロマンス製薬の宣伝課員日森千太郎は、上には弱く下に威張り散らす半間課長にこきつかわれ、社内でも駄目な男として有名であった。千太郎は、社長秘書ミスロマンスの美川涼子の存在だけが、喜びであった。だが涼子はてんでハナもひっかけなかった。ある日千太郎の下宿に、大阪千波組の吉良鉄、飛車金が訪ねてきた。獄死した親分の後継者に、実子千太郎を口説こうというのだ。

「一発かましたれ」の解説

「続社長忍法帖」の笠原良三と安倍徹郎が共同でオリジナル・シナリオを執筆、新人小山幹夫が監督した喜劇。撮影は「孤独の賭け」の坪井誠。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小林恒夫
出演藤田まこと 花澤徳衛 待田京介
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「一発かましたれ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-05-19 23:31:15

広告を非表示にするには