夏美のホタル 作品情報

なつみのほたる

年老いた親子との交流を通し成長するヒロイン

夏美のホタルのイメージ画像1

写真の専門学校に通う夏美。同じく写真家を目指す慎吾とは恋人同士だが、将来に悩んでいた。夏美は父親の形見のバイクで思い出の森へ向かう。たまたま立ち寄った小さな商店の店主・通称“地蔵さん”に声を掛けられ、しばらく泊めてもらう事に。そこで地蔵さんの母親や近所の子供たちに出会い、癒されていく。木像彫りの雲月の不遜な態度を腹立たしく思いながらも、後でやってきた慎吾も加わり、穏やかな生活を楽しんでいたが…。

「夏美のホタル」の解説

死に別れた父親との思い出の地で、老婆とその息子が営む小さな商店に居候してひと夏を過ごし、彼らの飾らない優しさに触れながら成長していく─。「ふしぎな岬の物語」や「津軽百年食堂」など、作品の映画化が続く森沢明夫の同名小説を映画化。微妙な感情に日々揺れるヒロインを、『ビリギャル』や『アイアムアヒーロー』など、若手ホープとして目覚しい活躍を見せる有村架純が好演。撮影にあたり中型バイクの免許を取得、運転シーンはスタントなしで臨んだとか。監督はメジャーからインディーズ作品まで、さまざまなジャンルを手掛ける廣木隆一監督。木々の緑が眩しい夏の房総半島で全編ロケを敢行、日本のふるさとの風景が懐かしく感じられる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年6月11日
キャスト 監督廣木隆一
原作森沢明夫
出演有村架純 工藤阿須加 淵上泰史 村上虹郎 中村優子 小林薫 光石研 吉行和子
配給 イオンエンターテイメント
制作国 日本(2016)
上映時間 108分

(C)2016「夏美のホタル」製作委員会

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

夏美のホタル

夏美のホタルジャケット写真
発売日2017年2月3日
価格3,800円+税
発売元KADOKAWA
販売元KADOKAWA
型番DABA-5122


【特典】
メイキング
劇場予告編

(C)2016「夏美のホタル」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「夏美のホタル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには