山河ノスタルジア 作品情報

さんがのすたるじあ

変化する中国の過去と未来を生きる親子の物語

山河ノスタルジアのイメージ画像1
山河ノスタルジアのイメージ画像2

山西省・汾陽(フェンヤン)。小学校教師のタオは、炭鉱で働くリャンズーと実業家のジンシェン、二人の幼なじみから想いを寄せられていた。やがてタオはジンシェンからのプロポーズを受け入れる。タオが生んだ息子はドルにちなんで、“ダオラー”と名付けた。それから15年後の汾陽、離婚したタオは父親が死去し、葬儀に出席するため離れて暮らすダオと再会する。タオは、彼がジンシェンと共にオーストラリアに移住する事を知る…。

「山河ノスタルジア」の解説

世界三大映画祭すべてで受賞を果たした名匠ジャ・ジャンクー。本作は、過去・現在・未来の3つの時代で映画を構成するという大胆な試みに挑んでいる。1999年パートと2014年パートでは、カメラマンのユー・リクウァイと撮影した当時の映像を挿入し、時代を生きる人々の息遣いが映画に瑞々しい手触りを与えている。さらに監督作品では初となる、オーストラリアでの撮影を敢行。25歳から50歳に至るヒロインのタオを演じたのは、ジャ・ジャンクー作品のミューズであるチャオ・タオ。ミア役を演じたのは、香港・台湾映画界の大スター、シルヴィア・チャン。ジャ・ジャンクー作品の常連俳優にスター、新鋭を加えた豪華な顔ぶれとなっている。

山河ノスタルジアのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年4月23日
キャスト 監督・脚本ジャ・ジャンクー
出演チャオ・タオ チャン・イー リャン・ジンドン ドン・ズージェン シルヴィア・チャン
配給 ビターズ・エンド、オフィス北野
制作国 中国=日本=フランス(2015)
上映時間 125分

(C)Bandai Visual, Bitters End, Office Kitano

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「山河ノスタルジア」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-26 11:54:48

広告を非表示にするには