涙 作品情報

なみだ

歓びと哀しみの交錯する愛の物語

浜松市、日本楽器の女工山崎志津子は、同じ会社の事務員磯部雄二と、お互に好意以上のものを感じていた。志津子の父は、彼女がまだ幼い頃、勤め先の信用金庫の使い込みで逮捕され、その後は田舎芝居でしがない稼業を続けていたし、母は世間の指弾に耐え得ず自殺、現在は父の弟春吉が養子に行った理髪店春日軒に下宿している暗い青春。ただ一人の兄信也も、渡り鴉の作業員仕事で酒場女の道子と関係したりしている。他方、春吉の妻きみは、長女むつ子の婿取りには志津子を早く片附けねばと焦っていた。雄二は恋人を家人に見せようと家に誘ったが律義な雄二の肉親は志津子の父や兄のふしだらさに真向うから反対する。雄二はその気持に拘って志津子に愛を打明けられない。帰途彼女は久しぶりに兄信也に会い、兄らしい思いやりに肉親の良さを感じる。

「涙」の解説

初恋のやるせない別離……美しい青春の面影を追って、歓びと哀しみの交錯する愛の物語。「夕やけ雲」の楠田芳子のオリジナル脚本を、「愛と智恵の輪」の川頭義郎が監督する。撮影は「夕やけ雲」の楠田浩之。出演者は、「俺は死なない」の佐田啓二、「鶴八鶴次郎」の石浜朗、「夕やけ雲」の田村高廣、「あさ潮ゆう潮」の若尾文子、「三羽烏再会す」の杉田弘子、ほかに東野英治郎、山本和子、中川姿子、明石潮、岸輝子、夏川静江など。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督川頭義郎
出演若尾文子 明石潮 佐田啓二 石浜朗 末永功
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「涙」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-11-25 23:00:47

広告を非表示にするには