ラブ&マーシー 終わらないメロディー 作品情報

らぶあんどまーしーおわらないめろでぃー

ビーチボーイズの天才作曲家の孤独を描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディーのイメージ画像1
ラブ&マーシー 終わらないメロディーのイメージ画像2

1960年代半ばのカリフォルニア。スターダムの頂点に立っていたザ・ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンは、ツアーを辞めて新作のレコーディングに入った。メンバー不在の間に作ったシングル「グッド・ヴァイブレーション」はチャート1位に。しかしブライアンは次第に精神を病み…。1980年代、ブライアンはある車販売店のセールス担当のメリンダと出会う。ブライアン担当の精神科医ユージンはメリンダを警戒する…。

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」の解説

今ではロック史上の名盤と言われているザ・ビーチボーイズのアルバム「ペット・サウンズ」。しかし発表当時は、それまでの明るいイメージからかけ離れた内向的な内容が嫌われ、ヒットに至らなかった。そして幻に終わった次作「スマイル」の録音中に、ブライアンの精神は崩壊する。本作はブライアンを絶頂から落ちて行く60年代の姿と、支配的な精神科医の元からなんとか抜け出そうとしている80年代の姿を交互に描く事で、謎の多いこの天才に迫る。名曲誕生の様子、メンバーや父親との愛憎が描かれる60年代のエピソードは音楽ファンにはたまらないだろう。また、“忘れられた人”になってしまった80年代のブライアンの空虚感も、ジョン・キューザックの好演によって忘れがたいものになった。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年8月1日
キャスト 監督ビル・ポーラッド
出演ジョン・キューザック ポール・ダノ エリザベス・バンクス ポール・ジアマッティ
配給 KADOKAWA
制作国 アメリカ(2015)
上映時間 122分

(C)2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-01 00:01:08

広告を非表示にするには