天空の蜂 作品情報

てんくうのはち

原発上空に浮かぶ巨大ヘリ、落下まで8時間!

天空の蜂のイメージ画像1
天空の蜂のイメージ画像2

1995年8月8日、日本最大のヘリ“ビッグB”が、何者かに奪われた。ビッグBは偶然に乗り込んでいた開発者、湯原の息子・高彦を乗せ、福井県の原子力発電所“新陽”の上空にたどり着く。テロリスト“天空の蜂”は、「日本の原発をすべて破棄せよ」と要求。燃料が切れる8時間以内に原発を停止せねば、爆弾を積んだビッグBを原子炉に向かって落下させるという。対策本部では湯原、原発設計者の三島、警察、新陽所長、消防などの関係者が懸命に対策を練る。

「天空の蜂」の解説

「ガリレオ」シリーズや『白夜行』などの映画化作も多い小説家、東野圭吾が1995年に発表した「天空の蜂」。原発を狙ったテロを描いた20年前のこの作品が、「トリック」シリーズ、『明日の記憶』などを手がけた堤幸彦監督の手で映画化。8時間というタイムリミットの中で、ヘリコプターに閉じ込められた少年を救い出し、犯人を捜し出し、原発を守り抜くという難しいミッションを、巨大ヘリ開発者、原発技術者、警察、レスキュー隊の各メンバーたちが死力を尽くして遂行していく様子は、現場の最前線で働く人々へのリスペクトを感じさせる。原発問題の恐ろしさ、難しさを誰もが感じている現在の日本人に、堤監督が突きつけた社会派エンターテインメント作品。

天空の蜂のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年9月12日
キャスト 監督堤幸彦
原作東野圭吾
出演江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛 國村準 柄本明 光石研 佐藤二朗 落合モトキ やべきょうすけ 向井理 竹中直人 石橋蓮司
配給 松竹
制作国 日本(2015)
上映時間 138分

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「ジュンべエ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-03

とにかく綾野剛に衝撃を受けました。頭から離れないです。
益々、目が離せない役者さんです。

最終更新日:2019-11-15 13:22:46

広告を非表示にするには