雨の中に消えて 作品情報

あめのなかにきえて

西河克己が監督した青春ドラマ

川路あや子、河原たか子、桑田きみえの三人は北国の高校の同窓生、目下お寺の部屋を借りてささやかな、けれど自由奔放な同居生活を営んでいた。決活でチャーミングなあや子は女子大生、ボーイフレンドの村田栄吉がいる。せっせと花嫁修業に励むきみえは、高校時代、雪山で優しく抱いてくれた教師渡部との淡い思い出に浸るような感傷的なところもある。出版社の編集員であるたか子は一番おとな、唯一の苦手は彼女に好意をよせる作家高畠である。期せずしてこの三人に襲ってきたのは、不可解な大人の世界の激しい空気だった。

「雨の中に消えて」の解説

“若い女性”連載・石坂洋次郎原作を「危いことなら銭になる」の池田一朗と「青い山脈(1963)」の監督西河克己が共同で脚色、監督した青春ドラマ。撮影は「いつでも夢を」の横山実。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督西河克己
出演吉永小百合 笹森礼子 十朱幸代 高橋英樹
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「雨の中に消えて」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:20:06

広告を非表示にするには