アリスのままで 作品情報

ありすのままで

若年性アルツハイマーのアリスと家族の日々

アリスのままでのイメージ画像1
アリスのままでのイメージ画像2

ニューヨーク、コロンビア大学で教鞭をとる言語学者のアリスは50歳。ある日の講義中に、突然言葉が思い出せなくなり、ジョギング中に自宅への帰り道すらも分からなくなっていく。診断は、若年性アルツハイマー。家族の介護も空しく、アリスからは、日々、記憶や知識が抜け落ちていく中、ある日アリスは、パソコンに、かつての自分からのビデオメッセージを発見する。画面の自分が口にする事に従おうとする彼女。自分が自分であり続けるために、かつてのアリスが託したメッセージとは……?

「アリスのままで」の解説

全米を感動と涙で包んだリサ・ジェノバのベストセラー小説「アリスのままで」を映画化。若年性アルツハイマーと診断された女性を主人公に、避けられない運命との葛藤と、家族の絆を描く。監督を務めるのは、リチャード・グラツァーとウォッシュ・ウェストアランド。グラツァー自身もALS(筋委縮性側索硬化症)という難病と闘いながらの撮影となった。主演は、『エデンより彼方に』『めぐりあう時間たち』のジュリアン・ムーア。(作品資料より)

アリスのままでのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年6月27日
キャスト 監督リチャード・グラツァー
原作リサ・ジェノバ
出演ジュリアン・ムーア アレック・ボールドウィン クリステン・スチュワート ケイト・ボスワース ハンター・パリッシュ
配給 キノフィルムズ
制作国 アメリカ(2014)
上映時間 101分

(C)2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-08

更に,母と娘のプライベート8ミリフィルムのendingと喪われた記憶が浮かび上がる見たいな白地と黒地の静かなエンドロールも一際美しいんだ

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには