あの日の声を探して 作品情報

あのひのこえをさがして

戦争により言葉を失った少年と女性の交流

あの日の声を探してのイメージ画像1
あの日の声を探してのイメージ画像2

1999年、ロシア軍が侵攻したチェチェン。目の前で両親をロシア兵によって殺された少年ハジは、そのショックで声を失ってしまう。姉を殺されたと思ったハジは、幼い弟を見知らぬ家に預け、町へたどり着く。一方、フランスからチェチェン紛争の調査に来たEU職員のキャロルは、その悲惨な状況と世界の無理解に心を痛めていた。ハジと出会ったキャロルは、少年の面倒を見始めるが、ハジはなかなか心を開かない…。

「あの日の声を探して」の解説

白黒のサイレント作品『アーティスト』で、作品賞、監督賞を受賞したフランスのミシェル・アザナヴィシウス監督。受賞後初となる長編監督作。戦争で両親を亡くした少年、調査に来た女性職員、そして若い兵士の3人の視点で語られる物語。これは戦争が起きた時の3つの立場の象徴でもある。3人の中でも私たちが最も共感しやすいのが、主人公のキャロルだろう。“そこ”で起きている事に心を痛め、何とかしたいと願っている。しかしできる事はどこまでなのか。そんな思いをキャロルと一緒に悩みながら、この映画を見て行くうちに、自分も一歩踏み出そうという気になるかもしれない。キャロルを演じるのは、『アーティスト』のベレニス・ベジョ。

あの日の声を探してのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年4月24日
キャスト 監督・脚本ミシェル・アザナヴィシウス
出演ベレニス・ベジョ アネット・ベニング アブドゥル・カリム・ママツイエフ マキシム・エメリヤノフ
配給 ギャガ
制作国 フランス=グルジア(2014)
年齢制限 PG-12
上映時間 135分

(c)La Petite Reine / La Classe Americaine / Roger Arpajou

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「C.ルージュ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2015-04-29

こみあげてきたのは涙ではなく怒りだった。戦争でいつも犠牲になるのは立場の弱い老人や子供。弱肉強食。若い兵士が少しずつ狂気をはらんでいく。ドキュメンタリーかと思うほどの残忍なシーンもあるのは、私達が平穏無事な毎日を当たり前と思わないこと、戦争等の殺戮に対して無関心でいないこと、地味な映画だが強いメッセージが伝わってくる。

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには