カイト/KITE 作品情報

かいと

日本で生まれたR-18指定アニメを実写映画化

カイト/KITEのイメージ画像1
カイト/KITEのイメージ画像2

近未来。金融危機により社会は崩壊、無法状態となった街ではギャング集団“ナンバーズ”による少女の誘拐が横行し、人身売買組織に売られ、性の奴隷として扱われていた。その中のひとり、サワは12歳の時両親を組織に殺されていた。彼女は父の親友で相棒だった刑事アカイに、暗殺者として育てられる。彼女の目的は、敵である組織への復讐。娼婦に成りすまし、男たちを暗殺していく。そしてアカイは、犯行現場の証拠を隠滅して回る。

「カイト/KITE」の解説

1998年に製作された『A KITE』は、アダルトアニメにも関わらず早くから関係者の注目を集め、海外リリースと同時にハリウッドで話題になったという。タランティーノ監督やロブ・コーエン監督がファンである事を公言している。少女たちが売買される近未来を舞台に、両親を殺された少女が復讐を果たすため、暗殺者となって壮絶な戦いの渦に巻き込まれていく。ヒロイン・サワ役に抜擢されたのは、往年の名女優オリビア・ハッセーの娘インディア・アイズリー。激しいアクションはもちろん、繊細な心理描写も豊かに表現している。彼女の“育ての親”アカイ役、サミュエル・L・ジャクソンの怪演も見逃せない。監督は、大物ミュージシャンのミュージックビデオを手掛けてきたラルフ・ジマン。

カイト/KITEのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年4月11日
キャスト 監督ラルフ・ジマン
原作梅津泰臣
出演インディア・アイズリー サミュエル・L・ジャクソン カラン・マッコーリフ
配給 アスミック・エース
制作国 アメリカ(2014)
年齢制限 R-15
上映時間 90分

(C)2013 Videovision Entertainment, Ltd., Distant Horizon, Ltd. & Detalle Films All rights reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「カイト/KITE」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには