駆込み女と駆出し男 作品情報

かけこみおんなとかけだしおとこ

新しい人生を切り拓く、縁切寺での二年間

駆込み女と駆出し男のイメージ画像1
駆込み女と駆出し男のイメージ画像2

天保12年。幕府公認の縁切寺、東慶寺に、二人の女が駆け込んでくる。日本橋唐物問屋堀切屋三郎衛門の囲われ者であるお吟と、七里ヶ浜の浜鉄屋の鉄練り職人のじょごだ。彼女たちは東慶寺の御用宿、柏屋に一旦身を寄せた。柏屋には主人の甥で、医者見習い、戯作者見習いの中村信次郎が居候していた。柏屋での諸手続きをしたのち、お吟、そしてじょごが東慶寺に入る。彼女たちは2年を寺で過ごし、その後晴れて離縁成立となるのだ。

「駆込み女と駆出し男」の解説

平成26年に歌舞伎としても上演された、井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」が、『わが母の記』の原田眞人監督により映画化。“駆込み女”というのうは、夫との離縁を求めて縁切寺の東慶寺に駆け込んだ女の事、“駆出し男”というのは医者見習い、戯作者見習いとして駆出しの男の事だ。駆出し男の信次郎を演じるのは、大泉洋。駆込み女を演じるのは、戸田恵梨香、満島ひかりなど、若手実力派女優たち。不幸な身の上にありながらも、自身の力で未来を切り開く女性の姿を力強く演じている。彼女たちを支える御用宿店員、東慶寺院代らのやり取りも、ユーモアと温かさを感じさせる。書寫山圓教寺などで撮影された本作、寺社建築や美しい自然なども見どころ。

駆込み女と駆出し男のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年5月16日
キャスト 監督・脚本原田眞人
原案井上ひさし
出演大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 内山理名 陽月華 キムラ緑子 木場勝己 神野三鈴 武田真治 北村有起哉
配給 松竹
制作国 日本(2015)
上映時間 143分

(C)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「江戸 力作」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2015-06-17

ユーモアと優しさ、美しい画像、素晴らしい音楽すべて満足いく映画である。

最終更新日:2019-10-18 13:22:27

広告を非表示にするには