KANO~1931海の向こうの甲子園~ 作品情報

かの1931うみのむこうのこうしえん

日本統治下の台湾での実話ベースの感動作

KANO~1931海の向こうの甲子園~のイメージ画像1
KANO~1931海の向こうの甲子園~のイメージ画像2

1929年、日本統治下の台湾。高校野球の名門・松山商業で監督をした経験がある近藤兵太郎は、嘉義農林野球部の新監督に就任する。それまで1勝もした事がなかったチームを率いるにあたり、近藤は日本人、台湾育ちの漢人、台湾原住民を分け隔てなく指導し、能力をフルに発揮させようとする。猛特訓にも必死で食らいついていくチームのメンバーたち。連敗続きだったチームは少しずつ成長を遂げ、部員たちは甲子園を夢見るようになる。

「KANO~1931海の向こうの甲子園~」の解説

日本統治下の1931年に台湾代表として高校野球の甲子園大会に出場し、決勝まで進んだ嘉義農林学校(通称:嘉農<かのう>)の実話が基になっている。台湾では公開から10日足らずで興行収入1億2000万台湾ドル(約4億1000万円)を突破、『セデック・バレ』などを手掛けたヒットメーカー、ウェイ・ダーション製作総指揮という事も追い風となって大ヒットを記録。日本人、中華系台湾人、台湾原住民と3つの民族が1つの目標に向かって奮闘する姿には、台湾の人たちだけでなく日本人の胸をも熱くさせるはず。優しさと厳しさを併せ持つ熱血監督を演じるのは永瀬正敏。演技の経験がほとんどないという選手役の少年たちのイキイキとした演技も見逃せない。

KANO~1931海の向こうの甲子園~のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年1月24日
キャスト 監督マー・ジーシアン
出演永瀬正敏 坂井真紀 ツァオ・ヨウニン 大沢たかお
配給 ショウゲート
制作国 台湾(2014)
上映時間 185分
TV放映 2019年1月21日 日本テレビ 映画天国 ※[後編]の放送
2019年1月14日 日本テレビ 映画天国 ※[前編]の放送

(C)果子電影

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「KANO~1931海の向こうの甲子園~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには