生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件 作品情報

いきてみたいもういちどしんじゅくばすほうかじけん

新宿バス放火事件に遭遇した女性の愛と苦悩

1980年8月19日、夜、京王バスが浮浪者・丸山博文によって放火された。乗客の一人・石井美津子は、全身やけどをおい大学病院に運ばれる。プロカメラマンの彼女の兄・義治は、妹が乗っているとも知らずシャッターを押していた。美津子は浦安の葛南病院に転院、中島医師の治療をうけ、長期間の入院加療が必要であり、生命の危険を有すと診断される。植皮手術のあと、彼女はリハビリを受け、母なお子と外出できるまで回復した。そして、植皮手術完了後、美津子は同じ編集プロダクションに勤めていた愛人・杉原荘六と喫茶店で会った。彼女はバスが放火された時、今死ねば楽になると一瞬立止ってしまったことを告げた。

「生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件」の解説

実際に起きた無差別凶行《新宿バス放火事件》に遭遇した女性の愛と苦悩を描く。杉原美津子の手記『生きてみたい、もう一度』の映画化で、脚本は「イヴの濡れてゆく」の渡辺寿、「ザ・オーディション」の中岡京平、「しあわせ」の恩地日出夫の共同執筆。監督は恩地日出夫、撮影は「F2グランプリ」の上田正治と「逃がれの街」の岸本正広がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督恩地日出夫
出演桃井かおり 石橋蓮司 初井言栄
制作国 日本(1985)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-01-14 11:53:05

広告を非表示にするには