嗤(わら)う分身 作品情報

わらうぶんしん

僕のすべてを奪うのは…僕

嗤(わら)う分身のイメージ画像1
嗤(わら)う分身のイメージ画像2

内気で口べた、何かにつけて要領の悪いサイモンの前にある日突然、自分と同じ顔の男ジェームズが期待の新人として現れる。サイモンと違って口がうまく、押しが強いジェームズはあっという間に職場の人気者になる。こつこつ努力を重ねて仕上げた仕事は、いつの間にかジェームズの手柄となり、上司の信頼を得る。密かに思いを寄せるコピー係のハナの心も奪われて、サイモンはますます影の薄い存在になってゆく。

「嗤(わら)う分身」の解説

絶望的に存在感のない男の悲劇と喜劇が交錯する。時代も場所も曖昧なレトロでSF的な空間に、突如流れ出す坂本九やブルー・コメッツの昭和歌謡がシュールな展開に拍車をかける。ロシアの文豪ドストエフスキーの初期作品「分身(二重人格)」を大胆に翻案した本作は、イギリスの新鋭リチャード・アイオアディ監督の『サブマリン』に続く長編第2弾。訳も分からず虐げられて、不満と怒りを募らせてゆく気弱なサイモンと、狡猾で傲慢なジェームズを自在に演じ分ける『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグがうまい。孤独で可憐なヒロインには『ジェーン・エア』『イノセント・ガーデン』のミア・ワシコウスカ。

嗤(わら)う分身のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年11月8日
キャスト 監督・脚本リチャード・アイオアディ
原作フョードル・ドストエフスキー
出演ジェシー・アイゼンバーグ ミア・ワシコウスカ ウォーレス・ショーン ノア・テイラー ヤスミン・ペイジ
配給 エスパース・サロウ
制作国 イギリス(2013)
上映時間 93分

(C)Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「嗤(わら)う分身」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-06 17:38:10

広告を非表示にするには