カンチョリ オカンがくれた明日 作品情報

かんちょりおかんがくれたあした

韓国新世代ユ・アイン主演 母子の絆の物語

カンチョリ オカンがくれた明日のイメージ画像1
カンチョリ オカンがくれた明日のイメージ画像2

カン・チョル、通称カンチョリは、病気で認知症の母スニさんの面倒を見ながら、港で黙々と働き、懸命に生きていた。母の予測不能な行動に振り回されながらも、手術費を稼ごうと必死に生きるカンチョリの前に、自由に旅を続けるスジが現れた。つかの間の暖かい時間を過ごしたカンチョリだったが、裏社会に生きる幼馴染みのジョンスの危ない儲け話に巻き込まれ、絶体絶命の危機に陥る。はたしてカンチョリは大切なものを守り通すことができるのか?

「カンチョリ オカンがくれた明日」の解説

釜山の港町を舞台に、奮闘する母親想いの息子と、病を患いながらも天真爛漫な母スニさんとの、時にコミカルに、時にせつなく暖かな絆を描いた作品で、韓国では公開初日・初登場第1位を記録した。主演は、韓国を代表する人気若手俳優のユ・アイン。母スニ役には韓流ドラマファンには「冬のソナタ」ユジンの優しい母役が懐かしいベテラン女優キム・ヘスク。スジはホン・サンス監督作品に多数出演しているチョン・ユミが演じる。監督は、『マイ・ブラザー』でシン・ハギュン、ウォンビン演じる、対照的な性格を持つ兄と弟との葛藤を繊細かつ愛情豊かに描いたアン・グォンテ。全篇オール釜山ロケの撮影も、作品にリアリティーと風情を与えている。

カンチョリ オカンがくれた明日のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年5月17日
キャスト 監督アン・グォンテ
出演ユ・アイン キム・ヘスク キム・ジョンテ キム・ソンオ チョン・ユミ イ・シオン
配給 CJ Entertainment Japan
制作国 韓国(2013)
上映時間 108分

(C)2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「カンチョリ オカンがくれた明日」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:16:22

広告を非表示にするには