エヴァの告白 作品情報

えう゛ぁのこくはく

実力派俳優たちの豪華競演で魅せる感動作

エヴァの告白のイメージ画像1
エヴァの告白のイメージ画像2

1921年、戦火のポーランドからアメリカへ、妹と二人で移住してきたエヴァ。夢を抱いてNYにたどり着くが、病気の妹は入国審査で隔離され、エヴァ自身も理不尽な理由で入国を拒否される。強制送還を待つばかりのエヴァを助けたのは、彼女の美しさにひと目で心を奪われたブルーノだった。移民の女たちを劇場で踊らせ、売春を斡旋する危険な男だ。妹を救いだすため厳格なカトリック教徒から娼婦に身を落とすエヴァ。彼女に想いを寄せるマジシャンのオーランドに見た救いの光も消えてしまう。生きるために彼女が犯した罪とは?ある日、教会を訪れるエヴァ。今、告解室で、エヴァの告白が始まる……。

「エヴァの告白」の解説

『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でアカデミー賞に輝いたマリオン・コティヤール、同賞3度ノミネートを誇る『ザ・マスター』のホアキン・フェニックス、2度ノミネートを飾る『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナー。ハリウッドのトップに立つ実力派俳優たちが迫真の競演で魅せる感動作。監督は、デビュー作『リトル・オデッサ』でヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を獲得、その後の全監督作がカンヌのコンペティション部門に選ばれたジェームズ・グレイ。本作は、マリオンの放つ美に圧倒されたグレイ監督が、彼女のために書き下ろされた。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年2月14日
キャスト 監督・脚本ジェームズ・グレイ
出演マリオン・コティヤール ホアキン・フェニックス ジェレミー・レナー
配給 ギャガ
制作国 アメリカ=フランス(2013)
上映時間 118分

(C)2013 Wild Bunch S.A. and Worldview Entertainment Holdings LLC

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-01

ロードショー時に見逃していた映画<ブルックリン>をスターチャンネルの放映で視ました。移民を描いた作品の代表作には<チャップリンの移民>等が想い出されるが、<エヴァの告白>もマリオン-コテヤール扮する一人の移民女性が遭遇する苦難の物語だった、。外国人移民の問題は排斥、迫害…と言葉や慣習の違いから現代でも大きな社会問題。冒頭、朝靄の煙る摩天楼に辿り着く客船、ラストの波止場のシーン、其の光景がステイーグリッツの写真の様に眼に焼き付いている…。

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには