奴隷区 僕と23人の奴隷 作品情報

どれいくぼくとにじゅうさんにんのどれい

主人か奴隷か…。欲望に満ちた勝負が始まる

奴隷区 僕と23人の奴隷のイメージ画像1
奴隷区 僕と23人の奴隷のイメージ画像2

フリーターの荒川エイアは、離れて暮らしていた双子の弟・大田ユウガと久しぶりに再会し、彼に誘われてSCMという器具を身に付けることになる。“スレイブ・コントロール・メソッド”ことSCMを歯に装着したもの同士で勝負すると、勝者が歯医者を奴隷にできるのだ。SCMは23個。エイアはユウガとタッグを組んで、残りの21人たちと戦うことになる。ホスト、風俗嬢、アニオタ、高校教師、小学生など、いろいろな敵がエイアたちの前に現れるが…。

「奴隷区 僕と23人の奴隷」の解説

ケータイ小説として2008年から投稿が始まり、文庫化、コミック化されていった話題の小説「奴隷区 僕と23人の奴隷」。歯にSCMという器具を装着した者同士が勝負し、相手を奴隷にしていくというエキセントリックなストーリーだ。勝負に勝つと“主人”として“奴隷”に何でも命令できるようになる設定で、23人の装着者たちが、にらめっこ、美しさ比べ、骨折りガマン対決などの様々な勝負を繰り広げる。ダブル主演を務めるのは、2013年8月にAKB48を卒業した秋元才加と、実力派若手俳優として人気を博してきた本郷奏多。斎藤洋介、鳥居みゆきらの怪演もなかなかの見どころだ。監督を務めたのは『東京ゾンビ』『半分処女とゼロ男』などで知られる佐藤佐吉。

奴隷区 僕と23人の奴隷のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年6月28日
キャスト 監督佐藤佐吉
原作岡田伸一
出演秋元才加 本郷奏多 大沢ひかる 山田裕貴 久保田悠来 槙尾ユウスケ 岩崎う大 鳥居みゆき 斎藤洋介
配給 ティ・ジョイ
制作国 日本(2014)

(C)2013 映画「奴隷区/僕と23人の奴隷」製作委員会

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

奴隷区 僕と23人の奴隷

奴隷区 僕と23人の奴隷ジャケット写真
発売日2014年11月7日
価格4,700円+税
発売元東映ビデオ
販売元東映
型番DSZD-8111


【特典】
メイキング
イベント映像
キャストインタビュー
特報
予告

(C)2013映画「奴隷区/僕と23人の奴隷」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「奴隷区 僕と23人の奴隷」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-12 00:01:01

広告を非表示にするには