ザ・コール 緊急通報指令室 作品情報

ざこーるきんきゅうつうほうしれいしつ

さらわれた少女を救えるのは1本の電話だけ

ザ・コール 緊急通報指令室のイメージ画像1
ザ・コール 緊急通報指令室のイメージ画像2

911緊急通報司令室のベテラン・オペレーターのジョーダンは、自分の判断ミスから、応対した若い女性が不法侵入した男に殺されてしまう。ショックから一線を退いたジョーダンだが、少女ケイシーが謎の男に誘拐され、車のトランクの中からかけてきた電話を耳にする。この状況を切り抜けられるのは、ベテランのジョーダンしかない。彼女は心の傷と戦いながら、ケイシーに次々と的確な指示を出して行くのだった…。

「ザ・コール 緊急通報指令室」の解説

日本では110番と119番に分かれている警察と消防の緊急電話番号が、アメリカでは911番に統一されている。驚く事に応対しているのは民間のコールセンターで、職員が話を聞いて判断し、警察や消防に振り分けている。そのオペレーターが主人公という事で、仕事内容や指示の仕方がわかるのがとても興味深い。もし誘拐にあった場合、どんな対応をしたらいいかのマニュアルとしても面白いし、通報を受けた警察がどう動くかもよくわかる。10歳の時に『リトル・ミス・サンシャイン』でアカデミー賞にノミネートされたアビゲイル・ブレスリンが、ずいぶん成長している事にも驚く。

ザ・コール 緊急通報指令室のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年11月30日
キャスト 監督ブラッド・アンダーソン
出演ハル・ベリー アビゲイル・ブレスリン モリス・チェスナット
配給 東京テアトル
制作国 アメリカ(2013)
上映時間 94分

(C)2013 EMERGENCY FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ザ・コール 緊急通報指令室」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:14:34

広告を非表示にするには