ヨコハマ物語 作品情報

よこはまものがたり

横浜を舞台に描く、再生物語

ヨコハマ物語のイメージ画像1
ヨコハマ物語のイメージ画像2

両親を中学生で亡くし施設で育った松浦七海25歳は、アマチュアバンドのマネージャーをしている。貯金ゼロ、家賃も滞納し、食うものも困る貧乏生活の中、担当バンドのヴォーカルも逃げて行ってしまった。一方、サッカー場のグリーンキーパーを定年まで約40年間地道に勤め上げた田辺良典65歳は、迎えた定年退職の日、家に帰ると愛する妻が突然病気で亡くなってしまっていた…。妻と仕事を同時に失い、横浜の古い一軒家にたったひとり取り残されてしまった田辺は落胆し、この先どう生きていったらいいか自分を失ってしまう。そんな二人がひょんなことから知り合い、七海が田辺の家に転がり込んで一緒に住み始める。七海は部屋が余っている事を良いことに田辺の相談もなく、5歳の息子を持つシングルマザーの葵、不動産会社に勤め人生初の挫折で落ち込んでいる麻子、大阪生まれの無職の女の子実咲を連れてきて……。

「ヨコハマ物語」の解説

横浜を舞台に、厳しい現実と向き合う若い女性と、妻と仕事を同時に失い人生に絶望した男が、地域の人々の温もりに触れながら人生をリベンジする再生物語。主演は、『幸福な食卓』で鮮烈な映画界デビューを果たした北乃きい。再生を果たす初老の男性には俳優業35年のキャリアを持つ実力派俳優、奥田瑛二が務める。監督・脚本は『シェアハウス』『ライフ・オン・ザ・ロングボード』など“海”と“人間再生”をテーマに描き続けている喜多一郎。横浜F・マリノスの全面協力ならびに地元市民の多大なる協力の元に作り上げられた。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年11月16日
キャスト 監督・脚本喜多一郎
出演北乃きい 奥田瑛二 市毛良枝 泉沙世子 佐伯めぐみ 菜葉菜
配給 オフィスキタ
制作国 日本(2013)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-09-20

ヨコハマ物語を観た。とても感動した。横浜は私が記者時代にご縁のあった所だ。それだけにこの映画は興味深かった。これは再生の物語であり、スクリーンから生きるためのパワーが伝わってくる。再生には優しさと強さが必要だと思う。私はこの強さということがひじょうに大切だといつも感じている。優しさだけで生きていけるほど人生は甘くない。時には凄まじい怒りのエネルギーも必要だということだ。北乃きいさんは凄い美人だ。大好きだ。奥田瑛二さんの演技は素晴らしい。これは何度も観たくなる作品だ。

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには