SHORT PEACE 作品情報

しょーとぴーす

日本を舞台にした4つのショートストーリー

SHORT PEACEのイメージ画像1
SHORT PEACEのイメージ画像2

江戸の町。商家の娘お若と幼馴染の松吉。惹かれあう二人であったが、松吉は家を勘当され町火消しとして生きる。そんな最中、お若の縁談の話が進み始めた。松吉への思いを忘れられない彼女の狂った情念からの行動は、大火事を引き起こし江戸の町を焼き尽くす。その大火の中で再びめぐり合う二人。(火要鎮)
18世紀。嵐の夜、深い山中で男が道に迷っていた。そこで見つけた小さな祠。中に入るとその空間は突然別世界の部屋に変化する。(九十九)
16世紀末。戦国時代末期。東北地方の山中に天空より何かが落下した。直後、寒村に一匹の巨大な鬼のような化け物が現れ略奪の限りを尽くす。時を同じくして寒村に暮らす少女カオは白い熊と出会う。人の言葉を理解するその神秘的な熊にカオは救いを求めた。(GAMBO)
近未来。東京。砂漠の中の廃墟と化した都市を訪れたプロテクションスーツで武装した5人からなる小隊は、一台の戦車型無人兵器と遭遇戦となる。しかし、次第に歯車が狂い始め小隊は窮地に陥っていく。(武器よさらば)

「SHORT PEACE」の解説

『AKIRA』など革新的なマンガ・アニメ作品で全世界を震撼させてきたクリエイター大友克洋のもと、“革新の遺伝子”を受け継いだ気鋭の名匠たちが集結し、刺激的な世界観で観客を魅了する5編のオムニバスアニメ映画が誕生した。共通テーマは“日本”。大友克洋監督の『火要鎮(ひのようじん)』は精緻な筆致で江戸情緒を再現し、悲恋の情念が業火となって街をのみこむ大スペクタクル作品。。『FREEDOM』などCG時代の最先端をいく若手・森田修平監督は、『九十九』でモノノケの怪異を和風テイストでユーモラスに提示する。『鉄コン筋クリート』演出の安藤裕章監督による『GAMBO』はクリエイティブディレクターに石井克人、キャラクター原案に貞本義行(「エヴァンゲリオンシリーズ」)を迎え、大熊と鬼との激闘を重量感たっぷりに描写する。『武器よさらば』は大友克洋の短編マンガをガンダムシリーズなどメカデザイナーとして著名なカトキハジメが初監督として映像化。自律戦車と強化装甲服部隊の激戦を、圧巻のディテールとスピード感で思う存分見せつける。(作品資料より)

SHORT PEACEのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年7月20日
キャスト 監督大友克洋 森田修平 安藤裕章 カトキハジメ
オープニングアニメーション森本晃司
声の出演早見沙織 森田成一
配給 松竹
制作国 日本(2013)

(C)SHORT PEACE COMMITTEE (C)KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「SHORT PEACE」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-23 00:01:16

広告を非表示にするには